健康保険制度とがん保険について | がん保険の超初心者ガイド










健康保険制度とがん保険について

健康保険制度を上手く活用すれば、がん保険に入らなくてもいいんじゃない?
こう考える方もおられるかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?
がん保険に入るべきか、それとも入らずにおくか、どちらにしたほうがいいのか、ご一緒に考えてみましょう。

がん治療にかかる費用につい

がん保険に入るべきかどうかを判断するためには、がん治療にどのぐらいのお金がかかるかを知らなければなりません。
がんの治療費は、がんの種類や進行状況、選択する治療法などによって異なりますが、金額によっては公的な医療保険だけでカバーできてしまうかもしれません。

  • こうしたことを確認するために、がん治療にかかる費用を調べておく必要があります。

  • 例えば、それほど進行していない早期がんの場合はどうでしょうか?
    この場合は入院、手術は必要になりますが、当面の費用としては数十万円で済んでしまうこともあります。
    仮に1ヶ月100万円単位の治療費がかかったとしても、高額療養費が利用できれば、自己負担額を月に10万円以下に抑えられる可能性があります。

    これはもちろん一般的な所得の人の場合であり、ケースバイケースで条件は変わりますが、それでもかなりの部分を公的保険でカバーできることは間違いありません。
    ただし乳がんの場合は、もしホルモン療法などを行った場合は、さらに年間で15~20万円程度の自己負担が発生することを想定しておかなければなりません。

    がん保険に入るべきか

    さて、がん保険に入るべきかどうか、結局のところどう結論づけることができるでしょうか。

    • 簡単にいえば、自分のがん治療にどのぐらいの費用がかかるかによって決まります。

    • 例えば、がん治療にかかる費用が自分の貯蓄や公的保険でカバーできる範囲であれば、わざわざがん保険に入る必要はないでしょう。
      しかし、治療費が貯蓄や公的保険でカバーできない範囲に及ぶのであれば、がん保険に入ることで負担を軽くすることができます。