健康な人が、がん保険加入後すぐにがんと診断された場合にはどうなりますか? | がん保険の超初心者ガイド










健康な人が、がん保険加入後すぐにがんと診断された場合にはどうなりますか?

がん保険の切り替えや新規で加入する際には、いくつかの注意点があります。
保険契約の取り決めが記載されている約款を全て読み込み理解している人はかなり少ないはずです。
がん保険には他の医療保険にはない免責期間があります。
これを知らずに保険の切り替えをした場合、大きな損をしてしまう可能性もあります。

万が一の備えであるがん保険は、しっかりとその内容を把握して、損や後悔をしないようにしたいものです。
健康な人が、がん保険加入後、すぐにがんと診断された場合にはどうなるのでしょう。

健康な人が、がん保険加入後にすぐにがんと診断されたら・・

がん保険を契約する際には、告知義務があります。
これまでの病歴や職業、現在の健康状態を正しく報告する義務が、告知義務です。
過去、一度も大きな病気をしたこともなく現在もとても健康で、告知義務違反になることは一切ない、そんな人でも、がん保険の給付金が支払われない事があるのです。

  • 健康な人でも、がん保険加入後、すぐの場合には、がんと診断されも免責期間があるので、保険金が支払われないのです。

  • この免責期間のことを知らず、前の保険を解約したあとに新しく契約をすると保険の切り替えに失敗する可能性もあります。

    生命保険などでは、保険の申し込みをして1回目の保険料の支払いをすれば、そこから保障が始まります。
    この日を責任開始日と言います。しかしがん保険の場合には、この責任開始日が異なっており、1回目の保険料の払込みから待ち期間が設けられています。
    この期間にがんと診断されても、保障を受け取ることが出来ません。

    • がん保険の場合、1回目の保険料の払込み日から90日間の待ち期間があります。

    • つまり、90日間のあいだにがんと診断されたら、契約自体が無効になってしまうのです。
      そうならないためにも、保険の切り替えでは、この待ち時間が過ぎてから、今までのがん保険の解約をすることが重要です。

      がん保険の落とし穴に注意!

      がん保険には、このように落とし穴がありますから、十分に注意が必要です。
      しかし、このような待ち期間があるのは、保険を悪用されないためなのです。
      自覚症状が少ないケースが多いがんは、告知段階では本人も全く気づいていないことも多いですし、がん発病の疑いがあるために、がん保険加入を検討する人が多いのも事実です。
      90日間の免責期間で様子を見て、契約の公平性を保つ意味が有るのです。
      しかし最近のがん保険では、入院給付金や手術給付金で、待ち期間のない商品もあるようですから、しっかりと確認しましょう。