がん保険の中で型変更に関する情報 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の中で型変更に関する情報

日本人の死因の中でも大きなシェアを占めているのががんです。
がんというのは治療をするのにも多額のお金がかかることで知られています。
万が一のことを考えると、そのがんに対する保険というのも考えておきたいでしょう。
そこでがん保険というのが近年ではかなり浸透してきています。
ここではがん保険における型変更について考えていきましょう。

がん保険における型変更ってなに?

がん保険は最近の保険の中では主流となっているものなので、様々な保険商品が各会社から販売されており、それぞれに特色があると言って良いでしょう。
また、一昔前と比較すると、がんの治療法そのものが進歩してきており、それにあわせてがん保険の内容もまた進化しているのです。
結果、がん保険を変更したいという人も少なくありません。

  • そこでがん保険の型変更ですが、型と言っても大きくは2つになります。
    終身型定期型の2つです。

  • 定期型というのは、一定の保険期間を定めており、その期間ごとに契約を更新するかどうかを決めていくタイプのものになります。
    保険契約を更新する場合、年齢も上がっていますので、どんどん保険料が高くなっていくのが特徴です。
    ただし、一定の保険期間と言っても10年というような長いスパンであることが一般的なので、そう何度も更新するものではありません。
    また、保険の保障期間も保険に加入している期間のみとなります。
    終身型の特徴はなんといっても一生涯の保障がつくという点です。
    保険料はあらかじめ決められた一定の額を支払っていくことになるのですが、支払いが終わったとしてもそのまま保障だけが続いていきます。

    • がん保険の型変更とは、この保険の型を乗り換えるものだと考えてください。

    • 定期型と終身型のどっちがお得なの?

      基本的に保険料としては定期型の方が安くつきますが、保障は保険に加入している期間のみに限られます。
      反対に終身型の場合は保障が一生涯続くこともあり、保険料は割高になっているのを覚えておきましょう。
      また、終身型の場合は平均寿命まで生きると想定して保険料の算出がされていますので、早めに死亡した場合は払い損になる可能性もあるのです。それでも一生涯保障がつくというのは大きな魅力だと言えます。