保険料が上がることはありますか? | がん保険の超初心者ガイド










保険料が上がることはありますか?

がん保険には、終身型と定期型があり、定期型を選んだ場合には、保険料が更新ごとに上がります。

終身型にするのか、それとも定期型にするのかは、それぞれのがん保険に加入する目的によって違ってくるでしょう。
ここでは定期型、終身型のそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

がん保険の保険料が上がることはあるの?

一生涯に渡り、がんの保障をしっかりと持っていたい方や、これからずっと保険料が上がらない方が良いとお考えの方は、終身型の保険がおススメです。
誰でも保険料が上がる保険商品よりも、保険料はずっと同じものの方が良いと思いますが、終身型の保険の場合、毎月の保険料が高いというデメリットもあります。

そこで加入時の保険料の負担が軽い定期型のがん保険を選ぶ方もたくさんいます。
定期型のがん保険を選ぶ方は、やはり、当面の保険料はなるべく軽くしたい方や、一定の期間だけがん保障が欲しい方、一定期間のがん保障を手厚くしたい、とお考えの方が定期型の保険を選ばれるようです。
がん保険に加入する際には、保険料も気になりますが、加入する目的をしっかりと検討することが大切になります。

  • 終身型の保険の場合には、加入時の保険料は割高ですが、保険料はずっとそのままで保障も一生涯続くというメリットがあります。

  • 定期型の保険は、10年ごとに更新される商品が多く、その年齢に合わせて保険料も上がります。

    • 子育ての期間中だけがん保険に加入して万が一に備えたい、といった方や、保険を見直す可能性がある方の場合などには、この定期型保険がおススメでしょう。

    • 定期型と終身型の特徴

      定期型の特徴は、若い時の保険料が安いこと、更新時に保証内容の見直しが出来ることが大きなメリットですが、更新ごとに保険料が高くなることや、更新出来る年齢に制限がある商品が多いことがデメリットです。
      一方の終身型の特徴は、一生涯ずっとがんの保障が持てることや、保険料が上がらないことが大きなメリットです。

      ですが、保障がそのまま同じなので、その年代にそぐわない可能性が出てくることがデメリットになるでしょう。
      医療保険や生命保険などの保険料支払いにプラス、がん保険の保険料となるケースが多いでしょうから、がん保険の保険料はかなり気になるところです。

      もちろん、がっちり手厚い保障が良いですし、一生涯保障が続く終身型を選びたいところですが、保険料の負担が大きければ、継続が難しくなることもあります。
      がん保険が本当に必要な年代だけ、がっちり定期型で加入するのか、それとも老後の備えとして、終身型を選ぶのか、それぞれの特徴をしっかり把握して、自分に合った保険を選ぶことが大切です。