がん保険の保険料の支払い方法は? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の保険料の支払い方法は?

がん保険の保険料の支払い方法にはどんなものがあるのでしょう。
いくつかの支払い方法があり、それぞれにメリットやデメリットもあるので、契約前にきちんと把握し、自分にとってより良い支払い方法を選びましょう。

がん保険の保険料の支払い方法とそれぞれの特徴

がん保険にかぎらず、保険料の支払い方法にはいくつかの種類があります。
あまり保険料の支払い方法について普段考えることはないものですが、いざがん保険に加入しようとした場合には、どれが良いのか迷うものです。

一般的なのが月払いかと思いますが、それ以外にも半年払いや年払い、さらに全期前納払いや一時払いなどの支払い方法もあります。

馴染みのない支払い方法もありますが、それぞれの特徴を見て行きましょう。
最も一般的な月払いは、毎月保険料を支払う方法です。
毎月保険料を支払いするので家計の管理もしやすいですし、年末調整の保険料控除を毎年受けることが出来るというメリットがあります。

しかし、この月払いの方法は、支払い方法の中では最も保険料が高くなる払い方です。
やはりまとめて支払うほどに、支払総額というのは安くなっているのです。
半年分の保険料をまとめて支払うのが半年払いで、一年分をまとめて支払うのが年払いです。
半年払いと年払いのメリットは、月払いと比較して、保険料が安くなるということです。

また、年末調整の保険料控除も毎年受けることが出来ます。
しかし一度、年払いや半年払いにした場合、納入方法を変更したくても、次回の支払い月まで、つまり年に一度しか変更することが出来ない、というデメリットがあります。
また、毎月の保険料の管理がしづらくなるという点もデメリットになりそうです。

全期前納払いと一時払いについて

保険料の支払い方法で、あまり聞き慣れないのが全期前納払いと一時払いではないでしょうか。
全期前納払いは、全払込期間分の保険料を保険会社に預ける方法で、保険会社はお客さんから預かった保険料から自動で保険料を充当する仕組みになっています。

全期前納払いのメリットは、保険料が年払いも安くなることや、年末調整の保険料控除が毎年受けられることなります。
この全期前納支払いと扱う保険会社は少なくなっており、支払い時にはまとまったお金が必要になることがデメリットと言えそうです。

一時払いは、全払込期間分の保険料を一括で保険会社に支払う方法で、全期間分預けるのではなくて、一度に保険料全額を支払うことになります。
一時払いは、最も保険料が安くなる支払い方法です。
しかし、年末調整の保険料控除が1年分しか受けられないことや、まとまったお金が必要になることがデメリットと言えます。