上皮内新生物とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










上皮内新生物とは何ですか?

がん保険を調べるときに頻繁に目にするのが上皮内新生物です。
がんには2種類あって、一般的にがんと言われているのが悪性新生物と言われるもので、上皮内新生物もがんの1種です。
ここでは、この上皮内新生物と悪性新生物の違いや、がん保険での扱われた方をご紹介しましょう。

上皮内新生物って何?

上皮内がんや上皮内腫瘍とも言われる上皮内新生物は、適切な時期に治療を行なうことで、再発の可能性がほぼゼロの完治するがんと言われています。
基底膜を境にして、上皮細胞と、その下に間質細胞があるのですが、上皮内にがんがとどまり、基底膜より下の組織にまで浸潤していないがんのことを上皮内新生物と言います。

上皮内新生物は、大腸の粘膜や、子宮頸部に出来ることが多く、初期状態のがんのことを指します。

上皮内新生物も、そのまま放置され進行していけば、悪性新生物となる可能性が高いですが、上皮内新生物のときに適切な治療を行なうことで、ほぼ100%の確率で完治するとされています。

がんのステージ診断では、0期なのが上皮内新生物です。

一方の悪性新生物は、基底膜より下にある組織にまで、がんが浸潤している状態です。
こうなると血液やリンパ液にのりがん細胞が運ばれてしまい、他の臓器に転移する可能性が出てきます。
同じがんでも上皮内新生物と悪性新生物では大きな違いがあるのです。

上皮内新生物でがん保険はおりるの?

適切な治療を行なうことで100%完治出来る上皮内新生物は、昔のがん保険では給付金の対象にならない商品もありました。
今のがん保険でも上皮内新生物と悪性新生物では、支払われる給付金が異なるケースが多いようです。
転移の可能性がほとんどなく、完治できるとされる上皮内新生物では、悪性新生物よりも保険金額が少なく設定されていることが多くあります。
がん保険の保障内容の中でも主に、診断一時金と入院給付金が悪性新生物の場合よりも少なく設定されていることが多いようです。

例えば、がんと診断された際に受け取ることができる診断一時金の場合では、悪性新生物のときには100万円受け取ることが出来るのに対して、上皮内新生物のときには10万円や50万円程度しか受け取れないなどの違いがあります。
全てのがん保険で、上皮内新生物と悪性新生物が区別されているわけではなく、同じように給付金がおりる商品もあります。

がん保険の加入前には、上皮内新生物がどのように扱われているのかをきちんと確認しましょう。