保険の告知書についての知っておくべき項目・情報 | がん保険の超初心者ガイド










保険の告知書についての知っておくべき項目・情報

がん保険に加入するときは、誰もが自分の健康状態に関して「告知書」を提出しなければなりません。
これからがん保険に入る人は、告知書にどんな項目があるのか、またどんな質問があるのか分からない人もいると思いますが、これから順番に説明していきます。

診察・検査・入院歴について

健康状態を知らせる告知書の項目には、まず、これまでの診察歴、検査歴、入院歴があります。
診察と検査については、最近3ヶ月以内に病院で診察・検査を受けたことがあるかどうかの質問、また、過去5年以内に7日間以上の診察・検査を受けたことがあるかどうかの質問がなされます。

この項目でポイントになるのは、病院に行ったこと、またそこで診察と検査を受けたことについてその事実を記載するだけでなく、どういう病状で行ったのかも書かなければならないことです。
告知が必要な病状、告知不要な病状については保険会社によって違いがあるので、それを前もって確認しおく必要があります。

入院歴については、過去5年以内に入院・手術を受けたことがあるかどうかの質問がなされます。
この場合は、過去5年以内にさかのぼって入院したり手術した事実があれば、そのことをちゃんと記載します。
ただし、前回の入院歴から5年以上経過している場合は記載する必要はありません。

身体障害の有無

告知の項目には、身体障害の有無もありますが、これに該当する人はきちんと告知書に記載しなければなりません。
どんな症状が身体障害に該当するかは保険会社によって異なりますが、大体の場合、視力、言語能力、聴力に機能的障害がある場合に、身体障害があるとみなされます。

身体障害の項目では、手足と指の機能障害の有無を確かめる質問、また背骨の変形と障害の有無を確かめる質問もありますが、これに該当する人がいたら、そのことを詳細に記載しなければなりません。

以上が告知書に出てくる質問項目ですが、項目はどれも重要なものばかりなので、一つ一つにおいて必ず正確な情報を記載するようにしてください。