がん診断の給付について知っておきたい事 | がん保険の超初心者ガイド










がん診断の給付について知っておきたい事

がん保険の給付金にはいくつかの種類がありますが、その中でも重視されているのが、がん診断を受けた時の給付です。
ここでは診断給付金について詳しく考えていきましょう。

がん診断給付金ってなに?

がん診断給付金というのは、他の医療保険などとは違って特徴的な給付金になります。

  • 一般的に保険とは病気や怪我の治療に対しての保障となるのですが、がん診断給付金の場合は、がんだと診断された時に支払われるのです。

  • しかも、まとまった額を支給してくれますので、今後のがん治療に専念できるのが特徴でしょう。
    基本的にがん診断給付金では、入院給付金の日額の100倍というような形で支払われることになります。
    一般的ながん保険では入院給付金の日額は1万円~2万円程度ですので、100万円~200万円という形です。
    特に使い道が決められていないので、非常に使い勝手が良い給付金だと言えるでしょう。

    ただし、保険会社によっては診断が確定しただけではなく、主契約となる入院給付金が支払われる状況にならないと請求できないケースもあるようです。
    がん治療も近年では入院するだけではなく、通院しながら行うことも増えていますので、その点は十分に注意しておく必要があります。

    がん診断給付金は複数もらえる?

    がん診断給付金の特徴はもう1つあります。
    それは1回きりではなく、複数回の請求ができるという点です。
    これも保険会社によって違っているのですが、がんが再発した場合は再度請求できるという形になります。
    ただし、条件が課せられるケースも多く、前回に診断を受けてからある程度は時間が経過していないといけないというものが多いです。
    また、保険会社によっては1回きりしかがん診断給付金を受け取ることができないケースもありますので、加入前には必ずチェックするようにしてください。

    がんの治療には多額の医療費がかかるケースがあります。

    • 何百万と費用が必要になることもまれではなく、そういう意味ではまとまったお金を給付してくれるがん診断給付金は、非常に役立ってくれると言って良いでしょう。