がんと診断された後も保険料を支払わなければいけませんか? | がん保険の超初心者ガイド










がんと診断された後も保険料を支払わなければいけませんか?

万が一のがんに備えるための保険が、がん保険ですが、がんと診断された場合には、保険料の支払いはどうなるのでしょうか。
また、契約自体はどうなるのでしょう。
がん保険の商品選びの際の注意点と一緒にご紹介しましょう。

がんと診断された後も保険料の支払いは必要になるの?

がんと診断された場合には、仕事を一旦辞めて治療に専念する方がほとんどでしょう。
その場合、収入も少なくなりますから、保険だけが頼りになります。
がん保険に加入していれば、がんと診断された時点で、がん診断一時金という高額な給付金が付いていますから、これだけでもかなり経済的に助かるでしょう。
ただ、がんの場合には、他の病気とは違って、再発や転移なども心配です。
がんと診断された後でも、定期型のがん保険であれば更新までの満期まで、終身型であれば、それからも一生涯、がんの契約は続きます。
ただ、毎月の保険料の支払いも、がんと診断された後でも続きます。
がんの治療を行いながらの毎月の保険料負担は、大きくなる可能性もあるでしょう。

そこで、がんと診断された場合に、保険料が免除される保険料免除特約もあります。

この保険料免除特約に加入していれば、がんと診断された場合に、保険料を支払う必要がなくなります。

ただ、この特約を付けた場合には、保険料が割高になります。
必要な特約なのかどうか、しっかりと検討する必要があります。

がん保険の商品選びの注意点

がん保険の商品選びでは、毎月の保険料負担と、がん保険の保障内容のバランスがとても大切です。
がん保険の商品は、次々に新しい商品が発売されています。
医療の進歩と同時にがんの治療方法の選択肢も増えています。
それに伴い、がん保険商品も実にいろいろなものが用意されるようになっています。
いったいどれを選べば良いのか、分からなくなるものですが、ポイントをしっかりと押さえて選ぶことが大切になるでしょう。

がん保険は、治療費が高額になるがんに特化した保険です。
医療保険だけではまかなえない部分をしっかりとカバーできるのが、がん保険の魅力ですが、無駄な特約などを付けてしまうと、必要以上に保険料が高くなることもあるので注意が必要です。

がん保険のメインは、がん診断一時金です。
がんと診断された時点で100万円程度の高額な給付金が支払われるのですが、これは1回だけのものと複数回、支払われる物があります。
通常の医療保険にはない、通院特約も加入しておくと安心です。
通院の保障期間や入院をしなくても通院給付金の保障対象となるのかを注意しましょう。

がん保険の商品選びでは、いろいろな商品と比較してみることや、医療保険の内容も同時に確認することが大切です。