がん保険にも「終身型」と「定期型」があるのでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険にも「終身型」と「定期型」があるのでしょうか?

一般的な死亡保険や医療保険には、「終身型」と「定期型」がありますが、がん保険にもあります。
どのような違いがあって、どちらを選べば良いのか、ここでご紹介します。
一般的な保険はまた違う、がん保険ならではの選び方、ポイントがあります。

がん保険の「終身型」と「定期型」の特徴

がん保険にも、死亡保険や医療保険と同じように「終身型」と「定期型」があります。
一生涯、保障が続くのが終身型で、保障期間が一定期間のものが定期型保険になります。
これは死亡保険や医療保険と同じです。定期型のがん保険では、10年ごとに自動更新していくものが大半のようです。
保障の内容については、終身型でも定期型でも大きな違いはありません。

  • 「終身型」と「定期型」のどちらかにするか判断する際のポイントになるのは、保険期間と保険料の違いです。

  • 毎月の保険料は、終身型と定期型のがん保険では大きな違いがあります。
    60歳満期の終身型のがん保険の場合には、満期以降の毎月の支払いはなくなるものの、一生涯、保障が続きますから、毎月の保険料もそれだけ高く設定されています。
    保険料が割安の定期型の場合では、最初の10年間は負担も軽いものの、10年ごとの更新のたびに、保険料が上がっていく仕組みです。

    終身型の場合には、毎月の負担は割高であるものの、ずっと保険料は分かりません。
    定期型にずっと加入していた場合、年齢を重ねるごとに保険料が高くなりますから、終身型の保険料よりも高くなるケースもあります。

    がん保険なら「終身型」と「定期型」ではどちらがおすすめ?

    • このように「終身型」と「定期型」では、保険期間と保険料に違いがあり、どちらもメリットやデメリットがありそうです。

    • しかし、保障内容だけを見ていくと、やはり安心の備えとなるのは終身型の保険です。

      ただ、がん保険ならではの選び方のポイントがあります。
      一般的な家庭では、がん保険よりもまず、生命保険や医療保険、さらに教育資金を目的とした保険などを優先させるでしょう。
      がん保険は、それらの後に余裕があった場合に、プラスされることが多い保険です。
      ですから、あまりにも毎月の負担が大きながん保険では、加入が難しいことが多いのです。
      もちろん、万が一のがんに安心の備えを持つことは大切ですが、毎月の保険料の負担が大きすぎないものを選ぶことがポイントになってきます。

      また、家族や親戚にがんになった人が多いのであれば、がん保険は手厚いものがいいですから、一旦加入すれば、がんになっても一生涯保障が続く終身型がおすすめです。
      また、子供が大きくなるまでの期間だけ、がん保険に加入しておきたいという考え方もあるでしょう。
      その場合には、負担の軽い定期型がおすすめです。