よく聞くリビング・ニーズ特約とは? | がん保険の超初心者ガイド










よく聞くリビング・ニーズ特約とは?

医師より余命6ヶ月と宣告されたとき、ショックは大きいでしょうがそれ以前に残された家族の生活のことや自身のこれからかかる治療費などを考えることでしょう。

そのときに役立つのが死亡保険金の一部が事前に受け取れるリビング・ニーズ特約です。
どの保険会社も無料でつけることができる特約なのですが、どのような特徴があるのでしょうか。

リビング・ニーズ特約と前払い保険金

がん保険に加入するならぜひ覚えておきたい言葉がリビング・ニーズ特約ですが、これは余命6ヶ月と医師から宣告されたときに、契約しているがん保険の死亡保険金の一部が前もって受け取れるというものです。

死亡保険金というと死亡診断されてから受け取るものですが、残された時間を有意義に過ごしたい、経済的に苦しい今から脱却し治療を受けたいという場合に役立ちます。

ではリビング・ニーズ特約を利用していくら受け取ることができるのかというと、上限3000万円となっています。

もし死亡保険金額が3000万円未満の場合は加入保険金額の限度内となりますが、保険会社によって多少の違いがありますので注意しましょう。
なおリビング・ニーズ特約を受け取ったあと、受け取った保険金額を差し引いた分の保険料を支払わなければなりません。

また事前に受け取ったリビング・ニーズ特約は非課税となりますが、死亡後に受け取る死亡保険金は課税対象となりますので注意しましょう。

リビング・ニーズ特約とどう向き合うか

現在はがんの告知も当たり前のように本人に行われますが、告知が行われない場合もまだあります。

もし家族だけが余命を知り、本人が知らないままリビング・ニーズ特約を利用すると保険料が減るなど契約の内容が変わるため、何らかの形で本人に余命が知られる可能性があります。

これはリビング・ニーズ特約の大きな問題点として今も論争となっています。
リビング・ニーズ特約の使い方は家族と本人に大きな影響を与えるものですから、使うかどうかはじっくり考える必要があります。
無料で付帯できるとは言っても、メリットだけではなくデメリットもありますから、誰もが納得できる形で活用できることが望ましいのです。