局所療法とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










局所療法とは何ですか?

がんの治療方法にはいろいろなものがありますが、大きく局所療法と全身療法の2つに分けることが出来ます。
局所療法と全身療法の特徴や、どんな時に選択されるのかを詳しくご紹介したいと思います。

がんの局所療法とは

がんの局所療法とは、がんそのものに的を絞った治療方法です。

  • 外科手術や放射線治療のように、がん細胞を直接、局所的に治療するのが局所療法です。

  • がん細胞を手術で全て取り除くことができれば、がんを完全に治すことが可能です。
    放射線治療でも、放射線が照射される部位にのみ効果があります。
    局所療法には他に、レーザー治療やラジオ治療などがあります。
    身体の深部に発生したがんの場合には、身体の表面から放射線などを照射する際、その間にある正常な細胞に大きなダメージが加わる可能性があります。

    • 一方の全身療法は、病巣が複数あったり、全身にがん細胞が侵食してしまっている場合に用いられる治療方法です。全身療法では、抗がん剤治療のように、薬や注射を服用することで、身体全体に効果を行き渡らせることが出来ます。

    • 全身のがんに効果が期待できるものの、正常な細胞にまでダメージが加わるため、副作用も大きく出てきます。

      がんの局所療法と全身療法の選択

      局所療法で治療するのか、それとも全身療法で治療するのかは、見つかったがん細胞の状態によります。
      がんが原発巣にあり、他の臓器にまで転移していない場合には、局所療法が用いられます。
      外科手術や放射線治療で、がん病巣が取り除かれます。

      しかし、複数の臓器にがん細胞が転移している場合には、全身療法が選択されます。
      しかし、がんの転移があったとしても、消化器のがんが肝臓に転移した場合などには、転移箇所が肝臓だけの可能性が高いので、局所療法の手術が行われることもあります。
      消化器のがんが肺にまで転移している場合では、血液によって全身にがん細胞が広がっている可能性が高いです。

      この場合には、手術で全てのがんを取り除くことは難しいと考えられるので、全身療法となります。
      実際のがんの治療では、手術、放射線治療、抗がん剤が併用されることが多くあります。
      がん細胞の転移があっても、手術が行われることもあります。
      ただ、多臓器転移がある場合には、局所療法だけで治すのは難しいので、抗がん剤を使用する化学療法などが用いられます。

      また、転移がなく手術が適応出来るがんの場合でも、体力が低下している高齢者などでは、手術に耐えられない可能性もあります。
      また、麻酔に適応しない身体などの場合でも、手術を行なうことが出来ないので、放射線治療や抗がん剤などの他の治療方法が選択されます。