がん保険の配当金は?損しないための配当金の仕組み | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の配当金は?損しないための配当金の仕組み

がん保険には配当金がもらえるタイプがあるのですが、配当金とは何でしょうか、またどのようにすれば配当金をもらうことができるのでしょうか。

配当金の仕組み

  • がん保険の配当金は契約者から徴収した保険料を元に上がった利益から契約者に分配されるお金のことです。

  • 配当金が発生する仕組みは保険料を算定する3つの予定率が結果的に剰余金を生むものとなったときに生まれるものですが、いくつかのタイプがあります。

    そもそも保険料の算定方法は過去の統計から男女別、年齢別の死亡者数を予測し、保険金の支払いに当てるために必要とする保険料を算定する予定死亡率、将来の資産運用によって運用収益を見込み、保険料を割り引く予定利率、事業を運営する上で必要な経費を予想し保険料に組み込む予定事業費率の3つから算定されます。
    この3つの予定率はあくまでも予想と予定でしかありませんから当然変動しますので、余剰金が発生すると言うことなのです。

    配当金を受け取る方法

    配当金はどうすれば受け取ることができるのかと考える方もいるでしょうが、実は配当金には2つの種類があり、毎年配当型と5年後と利差配当型になります。

    もちろん有配当保険に加入していることが条件となりますが、毎年配当タイプは決算期に余剰金が発生した場合に毎年支払われる配当金で、通常契約3年目からもらうことができます。
    5年後と利差配当金は予定利率と実際の差の中で、予定利率と運用率の差を配当金に当てるもので、5年ごとに通算することで得た余剰金が5年ごとに契約者に支払われるタイプです。

    受け取り方法は4つあり、契約消滅まで配当金を積み立てるタイプ、一時払い保険料に当てて保険の買い増しにあてる保険金倍増、配当金を保険料に当てる相殺、現金に変えて配当金をもらう方法があります。

    • いずれかを契約するときに選択することになるのですが、それぞれメリット、デメリットがありますし、家族がいる場合は家族の生活のことを将来的に考えた上でどの方法を選ぶか決めると言う方法もあります。