がん保険の知っておきたい主契約と特約 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の知っておきたい主契約と特約

がん保険に入るときは、自分に合ったプランを選択するために、主契約と特約の違いを見極めておかなければなりません。
ここでは、がん保険の場合にどんな主契約があるのか、また特約にどんなものがあるかについてご紹介します。

がん保険の主契約

がん保険の主契約は、商品によって違いはありますが、大きく分けて4つを挙げることができます。
まず、がんと診断されたときに給付される「がん診断給付金」。
次いで、入院した際に日額で受け取ることができる「入院給付金」。
さらに、手術をするたびに受け取れる「手術給付金」。
最後に、通院治療を行ったときに日額で受け取る「通院給付金です。

この4つが、がん保険において標準で付いてくる主契約です。

ただし、保険商品によって主契約になったり特約になったりする、そのどちらでもない給付金もあります。
例えば、放射線治療給付金、抗がん剤治療給付金、退院給付金、先進医療給付金などは、商品によって主契約になることもあれば、特約として選択しなければならないこともあります。

がん保険の特約とは

では次に、がん保険の特約(オプション)について見てみましょう。
まず、先進医療を受けた場合に支給される「先進医療一時金」があります。
次いで、緩和療養を受けたときに支給される「緩和療養給付金」があります。

さらに、健康だった場合に、数年おきに給付金が支給される「無事故ボーナス」があります。
そして、対象者が死亡した場合に支給される「死亡保険金」があります。これらはいずれも、がん保険の特約として付けることができます。

主契約と特約の大きな違いは、それが標準で自動的についてるか、それともオプションとして自分で選択してつけるかという点です。

特約で注意しておきたいところは、自分で保障内容を吟味して選択しなければならないことです。

何を付けたらいいか、あるいは何もつけないほうがいいのか、自分で判断がつかないときはファイナンシャルプランナーなど保険のプロに相談するといいでしょう。