がん保険の医療保険の主な種類について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の医療保険の主な種類について

保険には様々なものがありますが、がん保険はとりわけ近年では注目されているものです。
そのがん保険は大きなくくりの中では、医療保険の1つであると言っても良いでしょう。
ここでは医療保険とがん保険について考えてみましょう。

そもそも医療保険ってなに?

医療保険とは怪我や病気などの治療をする時に保障を受けることができる保険です。

  • がん保険ではがんの治療のみという決まりがありますが、医療保険ではがんだけではなく、幅広い疾病に対応しているのが特徴になります。

  • 現在ではがん保険も含めて、医療保険はかなり人気のある保険であり、様々な種類があるので代表的なものを紹介していきましょう。

    医療保険の中でも代表的なのが引受緩和型医療保険と呼ばれるものです。
    一般的に医療保険では加入の際に健康告知を行って、傷病があれば加入が断られる可能性が高くなります。
    その引受基準を緩和したのが、この引受緩和型医療保険です。
    ある程度の傷病であれば、加入することができるのですが、その分一般的な医療保険と比較すると保険料が高くなりがちです。
    この引受緩和型医療保険をさらに推し進めたものが、無選択型医療保険になります。
    無選択型医療保険では加入時に健康告知の必要がありません。
    従って、どなたでも加入できるのですが、例によって保険料というのは高くついてしまいます。

    他にも医療保険には女性向けのものであったり、貯蓄性の高いものであったり、様々なタイプが存在しています。

    これらのメリット、デメリットを知ることで自分にあった医療保険を選ぶことができるでしょう。

    医療保険とがん保険のちがいって?

    医療保険をがんに特化させたのががん保険です。
    2つの保険の最大の違いはそこにあります。
    がん保険はがんのみが対象となりますが、医療保険ではがん以外にも、疾病や怪我にも対応しているので覚えておきましょう。
    どちらが優れているという訳ではなく、保障の範囲が異なるということなので、自分のライフスタイルにあわせて選択するのが一番良いでしょう。