悪性新生物とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










悪性新生物とは何ですか?

悪性新生物とは、悪性腫瘍とも呼ばれるもので、一般的にがんと言われているものです。
正常な細胞が何からの原因によって変異して、増殖を続けていき、周りの正常な組織までを破壊してしまう腫瘍のことを悪性新生物と言います。
悪性新生物ができてしまったら、転移や再発の可能性も高くなります。
治療費も高額になる悪性新生物になった場合の保険が、がん保険です。
悪性新生物について、また、がん保険についてここではご紹介します。

悪性新生物って何?

がん保険で見かける悪性新生物とは、悪性腫瘍のことです。
悪性新生物以外に、がん保険では上皮内新生物という言葉も見かけるかと思います。

これは、悪性新生物と区別されることが多い、がんの一種で、ステージ診断では0期の、手術で取り除くことでほぼ100%の確率で治癒が出来る、がんのことです。
上皮内新生物の場合には、転移や再発の可能性もほぼありません。

悪性新生物は、基底膜より下にある組織にまで、がん細胞が浸潤した状態で、ここには血液やリンパ液もあるので、これに乗ってがん細胞が他に運ばれていく可能性が高いです。

多臓器にまで転移する可能性があるのが悪性新生物です。

一方の上皮内新生物は、基底膜より上の粘膜層内にがん細胞がとどまっている状態で、基底膜より下の組織にまで浸潤していないので、転移の可能性もありません。

悪性新生物を治療する費用を保障してくれるのが、がん保険

これまでのがん保険では、適切に治療すれば100%治る見込みのある上皮内新生物と、転移の可能性がある悪性新生物では、保障内容が異なるのが一般的でした。
がんと診断された時に給付金が支払われるがん診断一時金は、がん保険特有の保障内容です。
一時金として100万円程度が支払われるがん診断一時金は、がん保険のメインの保障でもあります。

悪性新生物の場合には、もちろん、このがん診断一時金は受け取ることが出来ますが、上皮内新生物の場合には、受け取ることができなかったり、悪性新生物の場合よりも、金額が少ないことが多いようです。
悪性新生物の診断一時期の半額だったり、10分の1の金額である商品もあります。

しかし最近では、がんと診断されたにも関わらず、上皮内新生物であることから、このように給付金に違いがあることでのトラブルが増加しています。
せっかくがん保険に加入していたにも関わらず、満足な保障が受け取れないという不満の声がたくさん保険会社に集まったため、最近のがん保険の商品では、悪性新生物と上皮内新生物の区別がないものも増えているようです。

がん保険に加入する前には、悪性新生物と上皮内新生物の保障がどのようになっているかを確認しておきましょう。