がん保険の給付金ってどういう仕組みになっている? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の給付金ってどういう仕組みになっている?

最近、各種メディアにて目にすることが多いのががん保険の広告です。
多くの保険会社が商品の提供をしており、加入したほうが良いのかと悩んでいる人も多いでしょう。
ただ、がん保険のことをあまり知らない人も多いので、ここでは給付金の仕組みについて考えていきます。

がん保険の給付金ってなにがある?

がん保険における給付金とは、診断給付金通院給付金特定治療給付金先進医療給付金の4つがあると考えてください。

それぞれに詳しいことを見ていきましょう。
診断給付金とは、がんと診断された時点で受け取ることができる給付金のことです。
一般的には入院日額の100倍程度の金額に設定されています。
特に使い道が限られておらず、今後のがん治療における資金だと考えておくと良いでしょう。
次に通院給付金ですが、こちらは入院を伴わない通院による治療を受ける場合に受け取ることができる給付金です。
一般的にがんの治療というと入院をして行うものと考える人も多いのですが、近年では日帰りで行う手術であったり、治療法というのも増えており、外来治療も珍しくありません。

特定治療給付金とは、あらかじめ決められた特定の治療を受けた時に支払われる給付金のことです。
基本的には特約を結ぶという形になるでしょう。
他の保障では賄いきれないリスクに備えることができますが、保険料との兼ね合いも考えておくべき項目かもしれません。
最後に先進医療給付金ですが、こちらも特約として結ぶ形が多い給付金です。
がん治療には公的医療保険の対象外となる治療があり、厚生労働省が認めている高度先進医療もそれに該当します。
高度先進医療の治療費については自己負担となるので、万が一のことを考えておくと、加入しておきたい特約かもしれません。
それほど保険料を圧迫することもないので、いざという時には安心できるでしょう。

がん保険の給付金と保険料のバランスが大事

がん保険に加入する時、この給付金がどのように支払われるのを知っておくのが重要です。
しかし、保障内容を厚くすればするほど、保険料が高くなってしまうので、その点はしっかりと考慮すべきでしょう。

リスクに対する備えとしてがん保険は有効ですが、それで自身の生活が圧迫されることはないようにしてください。