がん保険の必要保障額って何? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の必要保障額って何?

がん保険には入院日額でさえ5000円から10000円と選択幅が広いのですが、当然保障金額が上がれば保険料も高くなります。
必要補償額は治療を受ける上でこのくらいあれば生活に支障をきたさない金額のことですが、どのくらい必要で、どのように決めればいいのでしょうか。

必要補償額はいくらくらい必要か

がん治療にいくらかかるのかと言うことは誰にも分かりませんし、治療内容によって必要保障額も変わってきます。
もっとも多いのは100~150万円と言われていますが、先進医療を受ければ1000万円近くかかることもありますし、治療が長期に渡れば当然治療費も高くなります。

  • そこでチェックしたいのががん診断一時金と死亡給付金、入院給付金日額です。

  • がん診断一時金はすぐに給付されるのが特徴ですから、仕事ができなくなったなどと言う場合に当面の生活費として受け取ることができます。

    どのくらい必要かは家族の人数やライフスタイルにもよりますが、100~200万円あれば十分と言う人が多いです。
    入院給付金日額は入院日数に応じてもらえる保険金ですが、がん治療はほかの疾病と違い、1日あたりの治療費が高くなることが多いため、10000円を推奨する声がよく見られます。
    死亡給付金もライフスタイルや家族の人数によって選ぶと良く、もし一人暮らし、夫婦2人暮らしで定年していると言うのならお葬式代プラスαを考えれば良いでしょう。

    ですが扶養家族がいる、普段は働いていると言う場合は残された家族が新しい仕事を見つけて自立できるようになるまでのお金が必要です。

    家族の人数やライフスタイルで決めよう

    がん保険の必要補償額をライフスタイル別と性別で見てみると、男性で独身、会社勤めなら入院補償額は日額5000円、死亡保障額は300~500万円です。
    逆に子供を扶養している男性会社員で奥様が専業主婦、持ち家なら入院日額は5000~10000円、死亡保障額は2000~3000万円と言われており、もし奥様がフルタイムで仕事をしているなら死亡保障額は1500~2500万円で十分です。

    一方女性が独身で会社勤めなら男性とそれほど必要補償額は変わりませんが、結婚して、専業主婦なら入院日額は5000~1万円、死亡保障額は500~1000万円とされています。

    • このようにライフスタイルによって必要補償額は変わりますので、あなたの家族構成などにあわせてがん保険を選ぶようにしましょう。