通院給付金とは何ですか? | がん保険の超初心者ガイド










通院給付金とは何ですか?

がん保険では、診断給付金や入院給付金、さらに先進医療特約が注目されますが、通院給付金は必要なのでしょうか。
また、がん保険の通院給付金には、どのような特徴があるのでしょうか。
ここでは、がん保険の通院給付金について詳しくご紹介します。

がん保険の通院給付金の特徴

がん保険にあるいろいろな保障の中で、通院給付金は、現在、主な保障内容ではありません。
がん保険商品の中には、通院給付金の設定自体がないものも多くあります。
がん保険の通院給付金は、がん外来治療給付金や、がん通院、などの特約名ともなっています。
がん保険の通院給付金の内容には次のようなものがあります。
まず、がん治療の目的で、通院をした時に受け取ることができる。

また、入院給付金の対象となる入院をして、退院後、180日以内にがん治療の目的で、通院をした際に受け取ることが出来る。
他に、入院給付金の対象となる入院をして、退院後180日以内と、さらに入院前の60日以内に、がん治療の目的で通院した際に受け取ることができる。
このように、がん保険の商品によって、同じ通院給付金でも保障内容が少しづつ異なります。

通院しただけで通院給付金の対象となるがん保険と、入院をした場合だけ通院給付金の保障対象となるがん保険があります。

がん保険の商品によって、特徴があるので、違いをしっかりと把握しておきましょう。

がん保険の通院給付金は必要?

最近では、がんの治療方法でも、新しいものがどんどん開発されています。
医療の進歩に伴い、入院ではなく、通院によるがん治療も増加しています。
ですから、この傾向を見て、通院給付金を充実させている保険商品も出てきているようです。
がん治療も多様化しているので、治療方法によっては、入院を必要としないケースもあります。

がん治療には、外科治療や、放射線治療、化学治療など、実にさまざまな治療方法がありますが、最近では特に通院によるがん治療が増加しているようです。
万が一、がんになった場合、どのような治療方法になるのかまでは予想が出来ません。
しかし、入院と必要とする治療方法と、入院を必要としない通院治療だけの治療方法があり、最近では通院治療も増加傾向にあることが分かっています。
どちらのケースにも対応できるような保険を選ぶようにしておきましょう。

入院の有無に関係なく、通院給付金を受け取ることが出来る商品の方が、今後はさらに有利でしょう。

せっかくがん保険に入っているのに、保険商品の選び方を間違えると、ほとんど給付金がもらえないケースもあります。
本当に必要な保険、使える保険を選ぶことが大切です。