緩和ケアとガン保険の関係性について | がん保険の超初心者ガイド










緩和ケアとガン保険の関係性について

近年ではがん治療の一環として緩和ケアというものが行われています。
言葉のイメージから症状が進行した時に、痛みをコントロールするといったものを想像してしまいがちなのですが、実は違います。
がんの告知を受けた時から必要があれば行われるものなのですが、ここではがん保険との関係性についても考えてみましょう。

緩和ケアってどういうことをするの?

がん治療における緩和ケアというのは、身体の痛みだけではなく、精神的な痛みであったり、つらさなどを和らげることを目的としたものです。

  • 医学的な側面でのアプローチだけではなく、生活スタイルを確保するなど、いわゆるQOLの精神に基づいたものだと言って良いでしょう。

  • 基本的にがんであると告知されるだけでも、抑うつ状態になってしまう人が沢山いらっしゃいます。
    こうした精神的な辛さというのは、なかなか1人では解決できないものでもあり、その手助けをしてくるのが緩和ケアの骨子かもしれません。

    緩和ケアと一口に言っても、様々なサービスがあります。
    入院中の緩和ケアであったり、緩和ケアを専門に行なっている病棟などもあるようです。
    他にも外来であったり、在宅でもケアを受けることができるので覚えておくと良いでしょう。
    ただし、緩和ケアと言ってもすべてが無料で行ってくれる訳ではありません。
    先立つモノが必要になることがほとんどなので、その点は十分に考慮すべきです。

    がん保険と緩和ケアの関係は?

    がん保険に加入することで大きいのが一時金として支払われるお金です。
    特に重視されているのが、告知を受けた時の診断一時金になります。
    これはがんの告知を受けただけで、ある程度まとまったお金を給付金として受け取ることができるものです。
    一般的には入院給付金の日額を100倍にしたものがベースとなるので、1日1万円の日額でも100万円という形で受け取ることができます。

    • 話を戻しますと、緩和ケアと言っても料金がかかりますので、がん保険における一時金の支払いがあるのとないのでは大きく状況が違ってくるでしょう。