過去にがんになった事がある人は保険に加入できませんか? | がん保険の超初心者ガイド










過去にがんになった事がある人は保険に加入できませんか?

過去にがんになった事がある人は、がん保険に加入できるのでしょうか。
もう出来ないはず、と諦めてしまっている人も多いかと思うのですが、現在では、さまざまな保険会社から種類豊富にがん保険の商品が発売されています。

ですから、がんになった事がある人でも、加入することができるがん保険商品もあるようなのです。
もちろん加入条件がありますから、クリアしないと加入出来ません。
がんになった事がある人でも入れる保険の条件や、がんになった事がない人でも、がん保険加入時に注意したい事を紹介します。

過去にがんになった事がある人は保険に加入できない?

基本的には、過去にがんになった事がある人は、がん保険には加入することが出来ません。

しかし、数あるがん保険の中には、加入できる保険商品もあります。
各保険会社の商品によって、加入条件も異なりますが、過去にがんになった事がある人の保険商品には、これらの加入条件があるようです。

  • 過去6ヶ月以内に、入院や手術を受けた事がない。

    • 過去6ヶ月以内に、なにかの病気で、医師からの診察を受けて、入院や手術をすすめられてないこと。
      • 半年以内にがん以外でも病気になっていないか。
      • が条件となっています。
        他にも、過去2年以内に、がんで入院や手術を受けていないことや、がんや、肝硬変、肺気腫などの、がんに関わりのある病気と医師に診断されていないことも条件となります。
        さらに女性の場合には、今現在、乳房のしこりや乳腺からの異常な分泌物や、出血がないことが条件になります。
        これらの症状は、乳がんの可能性があるので、がん保険には加入出来ないことになっています。

        これらの条件が全てクリアできていれば、過去にがんになった事がある人でも、がん保険に加入することができる商品もあります。

        例えば5年前にがんになった事があるけど、現在は完治して、過去2年以内に、がんはもちろん、がん以外の病気であると診断されたことがない、半年以内に、病気をして入院や手術をしていなければ、がん保険には加入できる可能性があるのです。

        がんになった事がない人でも注意が必要

        過去にがんになった事がない人は、比較的、加入しやすいがん保険ですが、加入時には注意点がいくつかあります。
        上皮内新生物の保障がないがん保険商品もありますから、対象になっているかどうか確認しましょう。

        また、がん保険には待ち時間が90日間と長いですから、この期間にがんと診断されても保障対象にならず、契約が解除されます。
        また、告知義務違反があった場合にも保険金はおりません。
        基本的なことですが、給付金を請求しなければ、保険金は支払われませんので、万が一の場合には、きちんと正しく請求しましょう。