がん保険の払済保険についての情報 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の払済保険についての情報

がん保険には払済保険と言うものがありますが、あまり聞いたことがないと言う方も多いでしょう。
では払済保険の概要と活用方法、注意点について具体的に見てみましょう。

払済保険とは

払済保険というのは今後保険料を支払う必要のないことで、支払った保険料を支払い準備金とし、保障を一定額にかえるというものです。
つまり保険会社に支払った保険料を積み立て、一括払いによって変更すると言うものです。

多くの方は払済保険を聞いたことがない、言葉だけ知っていると言うことでしょうが、払済保険にはメリットもありますので覚えておくといいでしょう。

払済保険について詳しく知っておくと、いざと言うとき役に立ったり、保険を見直すときに失敗せずに済みます。

払済保険の活用方法と注意点

払済保険のメリットは、変更すれば保険料をもう支払わなくていいこと、保険金額が減っても保障を受けることができること、払い済み後の責任準備金運用は予定利率が変わらないので解約返戻金が増えることにあります。
ただし、補償額は減りますし、保障内容は主契約だけとなるため配当金や特約も受けられなくなります。

また払済保険に変更すると戻すことができなくなってしまいますので、良く考えた上で変更する必要があります。
払済保険は、終身タイプのがん保険を契約している場合、一生涯の保障よりも医療保障を重視したい場合や保険料の支払いをストップしたい方、家計の関係で保険料が支払えない方が利用しています。

注意点としては解約返戻金が元々低いがん保険の場合、一定期間責任準備金が少なくなること、変額保険の場合、払い済みにすると保障額がどんな状況であっても変わらないことが言えます。
変額保険は外貨支払いで契約している場合に起こる注意点なのですが、景気を見ながら考えていかなければなりません。

払済保険にして損をしないためには新規保険に加入後、今の保険を払済保険にすること、払済保険の試算を新規保険加入前にしておくことが大切です。