保険の中の基本年金って何? | がん保険の超初心者ガイド










保険の中の基本年金って何?

年金の問題というのは近年になって大きく取り上げられており、若年層を中心としてもらえないのに払うばかりで損だという考え方が広まっています。
そうした風潮の中で、今あらためて見直されているのが、個人年金と呼ばれるものです。

保険の中にある基本年金ってなに?

個人年金とは保険商品の中でもとりあわけ貯蓄性が高い保険のことです。
一般的に保険と言うと、保険料を支払うことで万が一のことがあった時に備えるものになります。
対して、個人年金保険というのは毎月保険料を積み立てていくことで、将来的に年金という形でお金を受け取ることができるタイプの商品です。
この個人年金保険において基本年金という考え方があります。

  • 基本年金とは一年でもらうことができるお金の総額のことです。

  • この基本年金に対する言葉が増額年金となります。
    増額年金とは基本年金に加えて支払われることになるお金のことだと考えてください。

    個人年金保険にはどんな種類があるの?

    • 個人年金保険と言っても大きくは3つのタイプがあります。

    • 終身年金確定年金有期年金の3つになるのですが、それぞれの特徴を見ていきましょう。
      終身年金とは生きている限り、年金を受け取ることができるタイプです。
      公的な年金と同じ形式になるのですが、被保険者が死亡した場合はそこで給付が打ち切られてしまいます。
      結果、元本割れになってしまう可能性があることを考慮しておきましょう。

      確定年金とは、決められた期間だけ年金を受け取ることができるタイプのものです。
      一般的には5年・10年・15年といった形に分かれており、この期間中に関しては仮に被保険者が亡くなったとしても給付されます。
      原則として元本割れはしないタイプだと覚えておくと良いでしょう。

      最後に有期年金ですが、これは確定年金と基本的には同じタイプです。
      ただし、確定年金と違うのは、被保険者が死亡した場合はそこで給付が打ち切られてしまう点にあります。
      その分、保険料は安価なのですが、元本割れをする可能性があるのを忘れてはいけません。