がん保険の猶予期間について知っておきたい事 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の猶予期間について知っておきたい事

がん保険で覚えておきたい用語の一つに猶予期間がありますが、何に対する猶予期間なのでしょうか。
覚えておきたいがん保険の猶予期間について、また注意点について見てみましょう。

がん保険の猶予期間とは

がん保険の猶予期間とは支払猶予期間のことを指し、申込書提出、第1回目の保険料払込、告知が終わった日から90日間になります。

  • どの保険会社もがん保険に関しては基本的に猶予期間を設けており、90日間の待機を経てようやく責任開始となるのです。

  • 中には猶予期間を設けていないがん保険もありますが、保険料は割高で、保障内容も狭くなっています。

    なぜ猶予期間があるのか

    ではなぜがん保険に猶予期間が設けられているのかというと、申し込みをした時点でがんにかかっている可能性があるためです。

    がんは最初のうちは自覚症状がありませんから、申し込みが終わった時点で初期のがんにかかっていても本人には分かりません。
    猶予期間内に病院でがんと診断されれば直ちに治療を開始しなければなりませんし、がんではないかと思っても猶予期間が終わるまではと待っていてはがんがどんどん進行し手遅れになってしまいます。

    • 猶予期間中にがんと診断された場合、がん保険の保障を受けることはできませんし、払った保険料は返還されます。

    • がんは症状を自覚するようになる頃には転移しているなど重症化していることがほとんどです。
      こうしたことからがん保険には90日間の猶予期間が設けられているのです。

      それでも保障を受けたいという場合は無選択型保険や条件緩和タイプの保険を選ぶことになります。
      医師の審査や告知がない、引き受け基準が緩いのが特徴ですが、保険料が高くなります。

      また医療保険に加入している場合、医療保険でがんが保障される場合と保障されない場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。
      がん保険は他の保険に比べて特殊な保険となっていますので、医療保険や生命保険と同様に考えるのは危険なのです。