がん保険の保険期間はどのくらいが良い?一般的な保険期間についての情報 | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の保険期間はどのくらいが良い?一般的な保険期間についての情報

がん保険には保険期間が設けられているタイプもありますが、大体どのくらいになるのでしょうか。
もちろん保険会社によって違いますが、がん保険の保険期間の平均を見てみましょう。

がん保険の保険期間はどのくらいか

がん保険の保険期間は保険会社によって違いますが、5年と言うところが多いようです。
5年経てば自動更新され、終身保険であれば保険料は契約時のまま引き継がれます。

  • 保険期間というのはそもそも保険契約の続行期間であり、がん保険を契約した際に受けられると説明された部分の保障をすべて受けることができます。

  • そして契約者は保険期間中保険料を納め続けなければならず、そうして保険会社と契約者の関係は続いていくのです。
    ただし言葉の解釈で注意したいのは保険契約者が保険料を支払わなければならない期間は保険期間ではなく、保険料払込期間となるということです。

    年齢制限が設けられている場合もある

    保険会社の中には保険期間が来るたびに自動更新するといっても、更新する際の保険契約者の年齢によって引き受けできない場合もあります。

    たとえばある保険会社は保険契約者の資格を90歳までとしており、更新の際90歳を超えていれば自動的に契約は終了してしまいます。
    もしも保険契約者と被保険者が違う場合は、被保険者が保障を受け続けられるよう契約者を変更しなければなりません。
    このとき、契約が終わってしまうことの通知が届きますので、必ず確認するようにしてください。

    • なお定期保険の場合は自動更新とは言っても、保険料が更新のたびにアップしますから、必ず通知が来ます。

    • もし保険料に不満があるという場合は保険を解約する必要がありますが、定期保険の場合の保険期間は大体5~10年ですから、健康状態によって他の保険会社が引き受けてくれないということもあります。

      また他の保障は終身なのに死亡保障だけ10年だった、定期付終身保険で特約に保険期間が設けられていたという場合もありますのでよくチェックしておくようにしましょう。