定期付終身保険のメリットについて | がん保険の超初心者ガイド










定期付終身保険のメリットについて

がん保険の加入を考えるとき、たいていは定期保険か終身保険で迷うのですが、両方のデメリットを考えると中々決断しづらいものです。
そこで両方のメリットを持つがん保険定期付終身保険があるのですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

若い頃に契約することで保険料が安くなる

定期付終身保険の特徴は定期保険のメリットである保険料の安さと終身保険のメリットである若い頃の加入なら保険料が一生涯安いというところを組み合わせていることです。

  • どういうことかというと、若い頃に契約することで終身保険料は安く済むと言うことで特に保険料を左右する死亡保障が高く設定できると言うことにあります。

  • というのも定期付終身保険のメインは終身保険ですから保障内容は充実したものと思っていいでしょう。

    たとえばある保険会社の定期付終身保険の内容を見てみると、保険金額300万円で設定した終身保険に特約で定期保険をつけることで、2700万円が上乗せされると言う内容になっています。
    特約の期間は10年間ですから、今後10年の間に何かあった場合は3000万円が受け取れる、更新すればさらに10年間追加されると言うことになります。

    定期的に死亡保障を見直しできる

    • 定期付終身保険のもう一つのメリットとして、更新のたびに死亡保障を見直すことができると言うことがあります。

    • ライフスタイルの変化に応じて必要な死亡保障金額は変わるものなのですが、たとえば子供がまだ小さいうちは手厚い保障が必要ですし、夫婦2人だけなら配偶者が当分暮らせるだけの保障でかまわないわけです。

      もし独り身だとすれば、離れて暮らす家族に残す分だけと考えればいいので、必要な金額は少なくなります。
      ライフスタイルは数年置きに変わりますから、死亡保障を見直すことができると言うのは大きなメリットになるのです。
      もちろん終身保険についている死亡保障だけで十分な時期になれば定期特約を外してもかまいません。

      また更新のたびに保険料は上がりますが、保険料を上げたくないという場合は死亡保障を低くすれば良いだけです。

      • このように定期付終身保険には大きなメリットがありますから、どのタイプのがん保険に加入するか比較検討する材料にすると良いでしょう。