がん保険には終身保険ってあるの?どういう仕組みになっているの? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険には終身保険ってあるの?どういう仕組みになっているの?

がん保険にも、普通の医療保険と同じように終身保険があります。
ただし、終身払いと60歳払済の二つの支払い方法があるので、その違いを見分けておく必要があります。
ここでは、終身払いと60歳払済のそれぞれの特徴についてご紹介します。

がん保険の終身払い

まず、一つの払込方法として、終身払いというものがあります。
これは文字通り、一生涯保険金を払い続ける仕組みのことです。

  • 一生涯払い続けるということは、それだけ払込期間が長くなりますが、その分、毎月の保険料は安くなります。

  • 保障については、保険期間が終身なので、本人が解約しない限りは保障は一生が続くことになります。
    また、これは60歳払済の場合も同様ですが、終身払いでも「更新」がないので、保険料が上がっていくこともありません。

    将来的に保険が上がらないことは、保険料コストが計算しやすくて負担も増えないので、この点は大きなメリットといえるでしょう。
    デメリットは、定期がん保険に比べて保険料が割高になることですが、ただし、将来的な保険料総額では終身払いのほうが割安になります。

    60歳払済

    60歳払済とは、保険料の払込期間が60歳で終わるタイプのがん保険のことです。
    終身型と違って払込期間が定期になるので、加入年齢が高ければ、それだけ毎月の保険料は高くなります。
    また、同じ年齢で加入する場合も、終身払いより60歳払済のほうが保険料が割高になります。

    生涯型の場合は、年金生活中も保険料を支払うことになり、貯蓄が少ない人はそれを負担していくのが大変になることもあります。
    一方、60歳払済にしておけば、若いうちは保険料が割高になりますが、年金生活中は保険料の負担をしなくてもいいので、老後は安心です。

    もちろん、60歳で払い込みを終えたとしても、保障自体は一生涯続きます。

    • よって、年金生活中の保険料支払に不安がある人は、60歳払済を選択したほうがいいかもしれません。

    • 自分で分からないときは、保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談してみるのもいいでしょう。