がんが発覚した後のがん保険の見直しは出来る?担当者とのうまい付き合い方 | がん保険の超初心者ガイド










がんが発覚した後のがん保険の見直しは出来る?担当者とのうまい付き合い方

がんと一度診断されるとがん保険は新たに加入しづらい、というのは多くの方がご存知のことでしょう。
ではがんが発覚してからがん保険の見直しをすることはできるのかというと、担当者との付き合い次第ということになります。

一度がんと診断されてもがん保険の見直しをしたい方がスムーズに見直しできるポイントを見てみましょう。

がんにかかった方も見直しが可能な場合

がん保険はがんに一度かかった方は多くの場合加入できない、今以上の保障をつけることが出来ないと言われています。
しかし3人に1人ががんで死亡する現代とは言え、医療の進歩とともに治癒が可能となっているのですから、再発の可能性も高くなっていると言えます。

がん保険の見直しができないというのなら、がんが再発しても保障を受けることができないと嘆くことも多いのですが、担当者と良好な関係を築くことでより自分に有利な情報を入手することができます。
条件を引き下げた上で見直しが可能な保険、保険料は割高になるけれどがんの罹患暦があっても入れるがん保険が今はあります。

こうした情報は個人では中々見つけることが難しいですし、担当者もできるだけ自分の保険に入っていて欲しいわけですから、何とか引きとめようといろいろな提案をしていきます。

  • ですからがん発覚後にがん保険を見直したいという方は、まず担当者との良好な関係を築いておきましょう。

  • 保険担当者と上手に付き合おう

    がん保険のことをしっかりと理解し、自分が入っているがん保険の内容をすぐに答えられるくらいになるためには保険担当者との関係が大切です。
    ほとんどの保険担当者は自社の保険を売ることに力を入れ、顧客の事情を二の次にしてしまいがちです。

    しかしベテランの担当者の中でもおざなりにしない保険担当者は顧客の事情やニーズなどをしっかり考えていますから、同じ視点でがん保険を考えてくれます。

    その上でがん発覚後でもどうすれば顧客が安心して治療を受けることができるか考え、提案してくれるのです。
    もちろんこちらに分かりやすい言葉で教えてくれますし、保障内容も一つ一つ丁寧に説明してくれますから、保険担当者に課せられた契約内容説明の義務を全うする人の中でも非常に優秀だと言えるでしょう。

    • 契約前に担当者の人柄を知り、本当にこのがん保険でいいのかチェックしてみてください。