PET検診予約サービスとがん保険の関係 | がん保険の超初心者ガイド










PET検診予約サービスとがん保険の関係

がんの早期発見のために人間ドッグや健康診断を受ける方はいるでしょうが、より詳しい健診方法にPET検診があります。

PETというのはPositionEmissionTomographyの頭文字をとったもので、陽電子放射断層撮影のことですが、どのような目的で行われるのでしょうか、がん保険との関係を見てみましょう。

PET検診の有効性と予約サービス

PET検診はがんの早期発見に非常に有効な方法と言われており、ほとんどの保険会社で予約サービスを行っています。
このPET検診予約サービスをすることで優先的にPET検診を受けることができますし、万が一がんが見つかった場合もすぐに対応してもらうことができます。

もしもPET検診を受けたいと思ったら、保険会社が定める期日までに連絡し予約をしてもらうことになります。

PET検診は特殊な検査薬を使ってがん細胞の色を変えることができるため、他の検査よりもずっと正確で、より小さながん細胞を発見することができます。

その大きさは1mm~1cmと言われており、発生から育成期の間のがんを速く見つけることができるのです。

多くの保険会社でPET検診予約サービスを取り扱っている

PET検診自体はご自身で予約することもできますが、がん保険に加入しているならサービスをチェックしてみてください。
もしかしたらあなたが加入しているがん保険にPET検診予約サービスがあるかもしれません。

実は今多くの保険会社がPET検診予約サービスを導入しており、がんの早期発見に役立てることができます。
費用は自身で負担しなければなりませんが、PET検診予約サービスがあることががん保険を選ぶポイントと言う人もいるくらいです。

もしがん保険に加入する前にPET検診を受けてがんが見つかった場合はがんに加入することはできませんので、注意しましょう。
がん保険には様々なサービスがあり、セカンドオピニオンサービス、人間ドッグPET検診予約サービスなど、時代のニーズに合わせたサービスを次々と展開しています。

これからがん保険への加入を考えている方は、こうしたPET検診予約サービスの有無などをチェックし、また今加入されている方は自分はPET検診予約サービスを受けることができるのか保険会社に確認してみると良いでしょう。