保険の前納っていったい何? | がん保険の超初心者ガイド










保険の前納っていったい何?

保険料は月払いは半年払い、年払いなどいくつかの支払い方法がありますがその1つに該当するのが前納という方法です。
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが保険の契約時には前納も含めてどうやって保険料を支払うかを検討する必要があります。

前納とはどんな仕組みか

前納は半年払い、年払いにおいて一定期間分を事前にまとめて支払ってしまう方法のことを言います。
保険期間すべての保険料をまとめて支払う場合は全期前納払いなどと呼ばれます。つまり一括払いのようなものです。

  • 複数回分の保険料をまとめて支払うわけですから1回あたりの負担額は当然増えてしまいますのでその点には十分注意する必要があるでしょう。

  • ただし、まとめて支払うことでメリットもあります。
    というのも多くの保険会社では前納をした場合に割引が適用されるようになっており、一般的な保険料の支払いよりもトータルの保険料が安く済むことになります。
    これが前納の最大の特徴で、だからこそ前納をするかどうか検討する余地が生まれるのです。
    保険料の負担を最小限に抑えたいという場合には有効な方法と言えます。

    前納の詳細について

    前納は保険料をまとめて支払う方法ですが、実際には保険会社に将来の保険料を預けておく形になっています。
    保険会社は保険料の支払い期日が来るとあらかじめ預かっていたお金の中から必要な額を充当するわけです。
    お金を支払うことに変わりはありませんが中身はこのようになっています。

    ここで気になるのは途中で保険を解約した場合、死亡した場合などです。
    たとえば保険期間が残っているうちに保険を解約した場合、すでに支払っている保険料が無駄になってしまいますがこうしたケースでは払い過ぎた保険料はきちんと戻ってきます。

    死亡した場合も同様で、保険料が無駄になってしまう心配はありません。

    • 支払額がどうしても大きくなってしまうため一時的に負担が大きくなってしまいますが割引制度があることを考えるととても便利な支払い方法になりますので、前納を上手に活用して保険料を安く抑えることが大切です。