自由診療って何?がん保険と自由診療について | がん保険の超初心者ガイド










自由診療って何?がん保険と自由診療について

病気の治療をする場合、病院に医療費を支払うことになりますが支払額は保険診療と自由診療で違ってきます。
保険診療は文字通り保険適用で受けられる治療で自己負担額は医療費の3割で済むのですが、自由診療とはいったいなんなのでしょう。

自由診療とは?

自由診療は国民健康保険などの適用外となる治療のことで、医療費も全額自己負担となります。
これが一般的な保険診療との大きな違いで、自由診療を受けるかどうは医療費の負担の大きさを十分に考えて決める必要があります。

なぜ全額を自己負担しなければならないのか、これは国がその治療法を承認していないからで、特に最新の治療が自由診療に当たることが多くなります。

最新の治療ということで効果も期待できる反面、まだまだデータが少ないなど、安全性の問題も考えられることから国が承認をしないわけです。

その結果として保険の適用外となり、治療を受けるなら全額を自己負担しなければならなくなります。
がんの治療でも抗がん剤など、自由診療に該当するものがありますので注意しましょう。

自由診療を安心して受けるために

自由診療は費用が高額になるため利用したくてもできない、なんてケースも出てきてしまいます。
とはいえがんの治療のためには自由診療が必要になることもあり、そこでがん保険が重要な意味を持ってきます。

がん保険の中には保険診療だけでなく、自由診療の治療費についても保障してくれるものがあり、こうしたがん保険に加入しておけば治療費のことを心配せずに治療に専念することができます。

がんの治療が始まれば仕事を続けることも難しくなり、収入は大きく減少することがほとんどです。
そんな中で高額の治療費を自己負担することは非常に厳しいのでがん保険でカバーできるようにしておきましょう。
もちろん必ず自由診療を受けるとは限りませんが、あらゆる事態に備えておくのが保険ですので保険料とのバランスを見ながらできる限り手厚い保障を確保しておく必要があります。