がん保険の支払事由について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の支払事由について

保険金は無条件に支払われるものではなく、保険金を請求する正当な理由、そして保険会社が保険金を支払わなければならない理由が必要です。
この保険会社が保険金を支払う理由が支払事由になります。

支払事由とは?

支払事由は保険の種類によっても変わってきます。

たとえばがん保険はがんだと診断されたことが支払事由となりますが、生命保険は被保険者が死亡してしまったことが支払事由となります。
医療保険なら病気の治療のために入院・通院することが該当しますし、支払事由は保険によってそれぞれ違うことがわかります。

つまりがん保険はがんだと診断されなければ保険会社に支払事由が生じないため保険金を受け取ることができないのです。
当たり前と言えば当たり前なのですが非常に重要なことですのでしっかり抑えておきましょう。

支払事由について契約前に確認しておかないと将来的にトラブルに発展することもあります。

支払事由における注意点

がんにはさまざまな種類がありますので特に支払事由について注意する必要があります。
もし自分ががんになった時、保険金を請求しようと思っても自分がなったがんが支払事由に含まれていなければ保険金がもらえません。
支払事由については事前に保険会社から必ず説明がありますのでその時に確実に内容を把握しておきましょう。

でなければいざという時に保険金が支払われず保険料が無駄になり、さらに治療費も自己負担しなければならない可能性が出てきます。
がんには悪性新生物と上皮内新生物の2種類があり、再発や転移の可能性がないと言われる上皮内新生物は保険料が少なかったり、補償の対象にならないケースもわずかですが見られます。

がんはすべて同じだと考えずに十分な補償をしてくれる保険を選ばなければいけないわけです。

どんながん保険を選べばいいかわからない場合は保険相談をするなどしてプロのアドバイスを受けながら保険選びをすれば自分で気付かない部分も指摘してくれるため安心です。