診断給付金や入院給付金を受け取った場合、それらに税金はかかるのでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










診断給付金や入院給付金を受け取った場合、それらに税金はかかるのでしょうか?

保険金を実際に受け取る際に気になるのが、税金がかかるのかどうかです。
保険金・給付金を受け取る際には、税金がかかる場合とかからない場合があります。
がん保険の診断給付金や入院給付金を受け取った場合にはいったいどうなるのでしょうか。
非課税の保険金・給付金と、課税される保険金・給付金について、詳しくご紹介したいと思います。

税金がかからない非課税の保険金・給付金

がん保険や一般的な保険の診断給付金や入院給付金などの病気やケガに対しての給付金のほとんどは、税金がかからない非課税となっています。

がん保険の診断給付金は、一般的な医療保険にはないもので、がん保険では最も重要な保険でもあります。
診断給付金とは、医師からがんと診断された場合に支払われる保険金のことです。

がんになれば、そのがんのステージにもよりますが、お金も治療日数もかなり必要になります。
入院給付金や手術給付金は実際に入院したり、手術をしないとおりませんが、診断給付金は医師から診断された時点で大きな金額がおりますから助かります。
入院給付金は、被保険者ががん治療のための入院し場合に、支払われる保険金のことで、入院日数×1日あたりの給付金額が支払われることになります。
診断給付金にしても入院給付金にしても、すぐに必要となる保険金ですから、ここに税金がかからないのは嬉しいことです。

他にも税金がかからない保険金・給付金には、手術給付金や通院給付金、さらに被保険者の余命が6ヶ月以内と診断された場合、死亡保険が生前に受け取ることができるリビング・ニーズ特約保険金などがあります。
非課税の診断給付金は、診断さえされれば、一度に50万円、100万円などの大きな金額が支払われます。
どのように利用してももちろん自由なのですが、入院のためのベッド代やパジャマ代、テレビ代や洗濯代、さらに仕事を休むための収入減少などのために活用されるでしょう。

診断給付金は、がん保険によって受け取れる回数が異なります。
複数回受け取れる商品が多いですが、2年以上経過していることが条件となっているものがほとんどです。
再発の可能性が高いのが、がんですから、診断給付金が受け取れる回数も確認が必要です。

逆に課税される保険金・給付金とは?

では税金がかかる課税される保険金・給付金にはどんなものがあるのでしょうか。

被保険者が死亡した時に支払われる死亡保険金や、満期時や学校の入学時など、一定の年齢になった時に支払われる生存保険金などです。

他にも満期時まで被保険者が生存していた時に支払われる満期保険金や、保険契約の解約・失効など、解除の際に支払われる解約返戻金には、税金がかかります。