がん保険の受取人・受取人変更について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の受取人・受取人変更について

がん保険の申込をする時に、契約書には保険契約者、被保険者、受取人といった欄が設定されています。
保険契約者とはその契約を行った人のことで、被保険者とは保険の対象となる人、受取人とは給付金を受け取る人のことを指すので覚えておきましょう。
ここではがん保険の受取人、または受取人の変更について考えてみます。

がん保険の受取人ができることって?

基本的に受取人と書いてしまうと、給付金を受け取るだけの役割しかないと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

  • 受取人には1つ大事な役割があります。それは給付金を請求するというものです。

  • ご存知の人も多いでしょうが、基本的にがん保険は保障の内容を満たせば、自動的に給付金が受け取れる訳ではありません。
    きちんと給付金の申請をしなくては受け取ることができないのです。
    つまり、受取人とはがん保険においてかなり重要なポジションであると言って良いでしょう。

    ちなみにですが、契約者、被保険者、受取人のすべてが本人であるというケースも多いです。
    この場合、保険に加入していたとしても保険金の請求ができないことがあります。
    最も代表的なケースとしては、本人にはがんの告知を行っていない場合です。
    家族や医師の意向などがあるでしょうが、本人しか請求できないのにがんであることを知らなければ、どうしようもありません。
    そうしたことを防ぐことができるのが代理請求人という制度です。
    多くのがん保険では特約という形で契約をするのですが、これは指定代理請求人をあらかじめ決めておくという方法になります。

    受取人の変更ってできるの?

    がん保険では後から受取人の変更をすることができます。
    その手続に関しては各保険会社によって規定が異なりますので、必ず確認してから変更するようにしてください。
    ただし、受取人を変更することによって税金の支払いが異なってくる場合があります。

    • その点も含めて、がん保険の受取人を変更するのであれば、あらかじめ保険会社に相談をした方が良いでしょう。