がんが再発した場合でも、保障はされるのでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










がんが再発した場合でも、保障はされるのでしょうか?

がん保険に加入する際に、ポイントとなるのが、がんが再発した場合の保障内容です。
がんは再発や転移の可能性が高い病気です。
がん保険の内容は、各保険会社や保険商品によって、その内容は実にさまざまで、各社の給付条件や受け取り額にも大きな違いや差があります。
後から後悔しないように、がん再発の場合の保障内容がどうなっているのかは、加入前にはしっかりと確認しておきましょう。

がんが再発した場合、がん保険での保障はあるの?

がん保険の大きな特徴は、がん診断一時金です。
がんが診断された時に受け取ることができる給付金である、がん診断給付金は、がん保険の給付金の中の大きな割合を占めています。

このがん診断一時金は、がん保険の商品によって、1回だけ受け取ることができるものと、複数回受け取ることができるものがあります。

がんが再発した場合でも、がん診断一時金が受け取れるがん保険に加入しておけば安心です。
がん診断一時金が複数回受け取ることができるがん保険かどうかは、がん保険を選ぶ際の大きなポイントになるでしょう。
各保険会社のがん保険商品では、このがん診断一時金の取り扱いについて、細かい違いや比較ポイントがあるようです。

例えば、がん診断一時金が複数回でるがん保険でも、前回の治療が終わってから、2年経過していることが条件だったり、またはその条件が3年だったり5年経過後だったりします。
がん診断一時金には、このように経過期間を条件として、複数回の受け取りが可能になっている保険商品が多いようです。

他にも、がん診断一時金を複数回受け取ることができる商品の中には、がん診断と入院が必須条件となっているものがあったり、がん診断一時金の支払いは1回限りとなっていても、治療の内容に応じた上乗せ給付がある保険商品もあります

再発した場合の保障があるかないかの差は大きい

がん診断一時金は、一度に100万円程度の大きな金額が受け取れる給付金です。
がん保険には他にも、入院給付金や手術給付金、通院給付金や、抗がん剤や放射線治療などに関する給付金があります。

万が一、がんが再発した場合、複数回、がん診断一時金が出ない保険だった場合には、かなり経済的に心配な方も多いのではないでしょうか。
がん保険商品の中には、がん診断一時金が一回限りだったり、または条件つきだったりしても、総額の受け取り金額が大きい商品もあります。
しかし、それだけ毎月の保険料も高くなります。

再発した場合の、がん診断一時金があるかないかの差は、とても大きいと言えるでしょう。