責任開始期とはなんですか? | がん保険の超初心者ガイド










責任開始期とはなんですか?

保険会社が保険金や給付金などの契約上の責任が開始される時期のことを、責任開始期と言います。
一般的な医療保険や生命保険と、がん保険では、この責任開始期が異なっているので注意が必要です。
ではここで、がん保険の責任開始期について詳しくご紹介しましょう。

責任開始期って何?がん保険の責任開始期には要注意!

一般的な医療保険や生命保険では、申し込みと健康状態の告知、さらに1回目の保険料の支払い、の3つが全て揃った時点が責任開始期となり、保険会社の責任が始まります。
少しでも早く保障をスタートさせるためには、この3つを早く用意することが大切です。

がん保険では、この一般的な責任開始期から、さらに90日間の待ち期間があります。
がん保険の場合には、契約が成立しても、90日間の待ち期間があるのですが、これを知らない人が多いようです。
この90日間を過ぎた翌日が、がん保険での責任開始日となります。

  • つまり、90日間の待ち期間にがんと診断された場合でも、給付金を受け取ることは出来ず、契約が無効となってしまいます。

  • がん保険に待ち期間があるのはなぜ?

    どうしてがん保険には、90日間もの待ち期間が設けられているのでしょうか。
    それは、がんという病気には、自覚症状が見られない場合が多いからです。
    健康状態の告知義務がありますが、この時点でがんになっていたとしても、本人は全く気がついていない可能性も高いのです。

    • 告知をした時点のみの審査では、公平性が十分ではないことから、90日間の待ち期間を設けて、その期間に何もなく、健康だった人だけを保障対象として、全体の公平性を保っているのです。

    • また、意図的にがん保険が悪用されないためでもあります。
      身体にしこりがあるのを本人は気づいていながら、病院に行くよりも、がん保険に早く加入したとしましょう。
      そのあとで病院に行き、がんと診断されれば、がん保険の給付金の対象となるでしょう。
      そうなれば、がん保険の公平性を保つことは出来なくなります。
      90日間の待ち期間の間にがんと診断された場合には、保障の対象にはならず、契約が無効とされます。

      告知義務違反も無ければ、契約が白紙になり、それまで払込みをしていた保険料は戻ってきます。
      しかし、最近のがん保険では、この待ち期間を設けていない商品もあります。
      また、がん保険の商品の中には、がん診断給付金と、入院給付金、手術給付金では、それぞれ責任開始期が異なる場合もあるので、契約の前にはしっかりと確認をしておきましょう。