がん保険の契約の審査・診査について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の契約の審査・診査について

がん保険の契約をする際、審査と診査の2つが重要な要素になってきます。
ではそれぞれにはどういう意味があるのでしょうか。
これを知っておくことは大切です。

がん保険の審査

審査とは保険会社が契約を受けるかどうかを決めるための作業のことで、主に告知書を見て判断します。

  • がん保険の場合、過去にがんになったことがあるか、今がんかどうかが非常に重要になってきます。

  • なぜかというとがんは再発する恐れのある病気で、過去にがんになっていれば将来的にまたがんになってしまう可能性が高いからです。

    この場合保険会社からすれば保険金を支払う可能性が高くなり、保険料を多く支払ってもらわなければ採算が取れなくなってしまいます。
    かといってこれではがんになったことがない人との差が生じてしまうため契約自体を結ばないようにしているのです。

    また、がん以外の病気でも審査の結果契約を断られてしまうケースもあるようです。
    保険会社や保険商品によっても違いますががんに発展する可能性がある病気が対象になるのが一般的で、こうした保険会社側から見たリスクを判断するのが審査という作業になります。

    がん保険の診査

    契約を結ぶかどうかを決めるための作業が審査となるわけですが、そのために必要な情報の1つが診査結果です。
    診査とは健康状態を医学的に調べることで、たとえば病院で実際に診察をしてもらって体に異常がないかどうかを診てもらったりします。

    • がん保険の場合だとこの診査でがんが見つかった場合、またはがんに繋がる可能性のある病気が見つかった場合などはその後の審査で契約を断られる場合が出てきます。

    • 審査と診査にはこのような違いがあるのです。

      ただし、実際に契約できるかどうかは保険会社や保険商品によってそれぞれ違いがありますのでどのような状態であっても自分に合った保険を見つけることがもっとも大切です。

      保険相談サイトを活用してプロのアドバイスを聞くなどすれば理想の保険を見つけることは十分に可能です。