ラジオ波焼灼術(RFA)とがん治療について | がん保険の超初心者ガイド










ラジオ波焼灼術(RFA)とがん治療について

ラジオ波焼灼術(RFA)は肝臓がんの治療に用いられる方法で、がん細胞を死滅させる効果があります。
車などでよく聞くAMラジオなどの周波に近い450kHzの高周波を用いて行われ、電機メスなどにも高周波が使われます。

では具体的にラジオ波焼灼術(RFA)はどのように行われていくのか見てみましょう。

ラジオ波焼灼術(RFA)とは

  • 肝臓がんの治療に用いられるラジオ波焼灼術(RFA)は、直径1.5mmの電極針を直接腫瘍の中に挿し込み、熱を電極周囲に発生させることで固める方法です。

  • 細胞が固まると機能が失われるため死滅するのですが、欧米では1995年に開発、日本でも1999年から臨床使用されている方法です。

    また2004年には保険が適用されるようになり、肝細胞がんの治療の中でもメジャーな方法として確立しています。
    ラジオ波焼灼術(RFA)を受けることができるのは、病変の数が1個で5cm以内であること、複数あるなら3個以内であり直径3cm以下であることが条件です。

    ただし治療を受けることで根治、生存期間を伸ばすことができると判断されれば条件外の患者でも受けることができます。
    また脈管侵襲がある場合は行なわれず、肝臓ではない肺や骨などに転移が認められる場合、寿命を延ばす可能性がほとんどないということから行われません。

    ラジオ波焼灼術(RFA)の流れ

    ラジオ波焼灼術(RFA)はまず外来で肝機能や全身状態を診て、CTや超音波検査を経て治療可能かどうか判断します。それから入院をするのですが、入院日は治療の前日~3日前までに行います。
    血液検査やレントゲン、心電図など最終的な全身状態のチェックを行い、同意書を提出します。

    治療当日は点滴を朝からはじめますし、胃の中を空にするため朝食を抜きます。
    手術室出は上半身は脱衣、両側の大腿部に対極板を貼り穿刺部位を消毒します。

    痛みを感じるのが怖いという方も多いでしょうが、痛みに鈍くなる薬を点滴によって注入しますので、それほど心配することもないでしょう。
    病変した部分に電極を挿し込み電気を流してがんを死滅させていきますが、かかる時間は1箇所につき6~12分となります。

    治療自体は腫瘍の数やある場所、見えやすさなどによって変わるものの、だいたい30分~2時間で終わります。

    • 体への負担が少なく重篤な合併症も2.5%ですから、安心して受けることができるのです。