上皮内新生物は保障されるのでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










上皮内新生物は保障されるのでしょうか?

がん保険にこれから加入をしようかと検討している方は、上皮内新生物という言葉を頻繁に目にするのではないでしょうか。

この上皮内新生物とは、がんのことなのですが、普通のがんと何か違いがあるのでしょうか。
がん保険に加入する前には必ず知っておきたいのが上皮内新生物についてです。
普通がんとの違いや保障の違いなどについてご紹介したいと思います。

がん保険に加入する前に知っておきたい上皮内新生物

がんは大きく悪性と上皮内に分けることが出来ます。
一般的に私たちがイメージをするがんは、悪性の方で、こちらのがんは進行をして転移をする可能性があるものです。
これに対して上皮内新生物は、治療を行えばほぼ完治出来ます。
転移の恐れもないので、上皮内がんとも言われるのですが、それほど恐れるものではありません。

上皮内新生物は、他にも上皮内腫瘍とも呼ばれており、転移も再発の可能性もほとんどありません。

上皮=粘膜層内に、がんがとどまっているものが、上皮内新生物で、基底膜以降の組織にまで浸潤していない状態にあります。

上皮内新成分は、主に大腸の粘膜や子宮頸部に発生します。
正しい治療を行えば3年生存率はほぼ100%安心ながんですが、放置すれば進行していきがんになる可能性も高いです。
ステージ診断では0期なのが上皮内新生物です。

上皮内新生物と悪性新生物の保障の違い

転移も再発の恐れもほとんどない上皮内新生物は、がん保険の商品によっては、上皮内新生物の場合には、給付金が出ないものもあります。
適切な治療を行なうことで100%完治できるがんであると考えられている上皮内新生物は、悪性新生物とはがん保険の保障内容にも違いがあります。

特に昔のがん保険では、がん診断給付金も、手術給付金の金額も、上皮内新生物と悪性新生物とではかなりの差がありました。
悪性新生物の場合には、がん診断給付金が100万円のところが上皮内新生物の場合には10万円だったりと、保証内容の違いが大きくあったのです。

しかし最近のがん保険では、どちらの場合にも保証内容に変わりがないプランが増えているようです。
がん保険に加入する際には、上皮内新生物がどのように扱われているのか、保証内容は悪性新生物と違いがあるのかどうかをしっかりと確認しておく必要があります。
上皮内新生物を部位別で見ると子宮頸がんや膀胱がんなどの半数以上が上皮内新生物の割合になっています。

胃がんや肺がんなどは1%にも満たない数値となっていますので、同じような保険料と保証内容であれば、上皮内新生物も給付対象になっているがん保険が有利と言えます。

特に女性は乳がん、子宮頸がんになるリスクもあるので、上皮内新生物でも保障してくれる商品を選ぶようにしましょう。