自営業の人のがん保険の選び方と注意点 | がん保険の超初心者ガイド










自営業の人のがん保険の選び方と注意点

がん保険選びでは自分の働き方も考慮する必要があります。
特に自営業をしている方はサラリーマンとは大きな違いがありますので注意しなければなりません。

必要なお金を確保できるか

もしがんになって働くことができなくなれば収入は大きく減少します。
自営業の場合、自分が働けなくなれば収入が0になってしまうことも少なくありません。
がんの治療中経済的に困窮することなく生活を維持できるか、これは支払われる保険金の額次第ですのでまずは十分な保障をしてもらえるかどうかをチェックしましょう。

もし保険金が少なければ治療を受けるのが精一杯で生活が苦しくなってしまう可能性も出てきます。
収入が大きく減るのはサラリーマンも一緒ですが、自営業の場合はさらに深刻な問題になります。

  • 保障を手厚くするほど保険料も高くなる傾向にありますが保険料の安さだけに目を向けるのではなく保険金の額が十分かどうかも考え、保険料と保障のバランスを取ることがポイントです。

収入保障タイプも検討する

がん保険は一般的にがんと診断された時に診断給付金が、入院する時に入院給付金が受け取れるタイプが多いのですが、中には収入を保障してくれるタイプもあります。
こちらのタイプはがんと診断されると数年間にわたって一定の保険金を受け取ることができます。
年金のようなものだと考えるとわかりやすいでしょうか。

診断給付金や入院給付金は受け取れなくなってしまいますが毎月の収入を確保することができるため場合によっては非常に有効な保険となります。
たとえば治療にかかるお金はこれまでの蓄えで対応できるといった場合は治療費は自分で用意し、生活に必要なお金を保険会社からもらうわけです。

  • 決して一般的な保険のタイプではありませんが自営業者の場合は収入保障タイプに加入することも検討してみるのがいいでしょう。

  • 保険の相談員など、プロに相談してどういったタイプがいいのかを一緒に考えるようにすれば失敗もなくなり、自分にとってもっとも良い形で保険に加入することができます。