セカンドオピニオンサービスで知っておきたい事 | がん保険の超初心者ガイド










セカンドオピニオンサービスで知っておきたい事

セカンドオピニオンとは直訳すると2つ目の意見、というような意味になり最近ではよく聞く言葉になりました。
自分の病気などについて主治医ではない別な医師の診察を受けることをセカンドオピニオンと言います。
原因のわからなかった体の不調もセカンドオピニオンで原因がはっきりする場合があり、現在ではセカンドオピニオンを活用するのが当たり前のようになってきています。

保険におけるセカンドオピニオンサービス

このセカンドオピニオンをより利用しやすくしてくれるのがセカンドオピニオンサービスです。

  • セカンドオピニオンサービスを利用すると保険会社が各専門分野の医師を紹介してくれ、その医師の診察を受けることが可能になります。

  • もし必要であればさらに専門医を紹介してくれ、その専門医から治療を受けることも可能で、一般的な保険商品とは少し違ったサービスとなっています。

    保険金を受け取るのではなく、医師を紹介してもらうサービスになるわけです。
    自分で医師を探そうにもどうすればいいかわからない、近くに良い医師がいないなんていう場合も保険会社が紹介してくれますので確実にセカンドオピニオンを利用することができ、病気の早期発見や原因の特定などに役立ちます。

    セカンドオピニオンサービスを利用する流れ

    実際にセカンドオピニオンサービスを利用する手順については各保険会社である程度の違いはありますが、基本的にはほぼ同じです。

    まずは保険会社に連絡をしてセカンドオピニオンサービスを利用したいことを伝えます。
    すると保険会社が医師との面談予定日をセッティングしてくれますので予定日に医師の診察を受けます。
    この時もし専門的な治療や診察が必要だと判断されれば医師からさらに別な医師を紹介してもらえ、そこで最終的な診察や治療を受けることになります。

    注意したいのは費用についてです。

    • 保険会社は医師の紹介はしてくれますが診察にかかる費用までは保障してくれませんので自己負担する必要があります。

    • 保険会社はあくまでも医師の紹介だけをすると考えておきましょう。