終身払いと短期払いのメリット・デメリットは? | がん保険の超初心者ガイド










終身払いと短期払いのメリット・デメリットは?

がん保険を選ぶ際の大きなポイントとなるのが、毎月の保険料ではないでしょうか。
この保険料は保障内容と保障期間に連動しています。
保障内容が手厚ければ、やはりそれだけ保険料も高くなりますし、保証期間が長ければ保険料もそれだけ高くなります。

双方のバランスをしっかりと考えて、自分にとって最適なところを探すことが、保険選びでは大切です。

がん保険には、終身型と定期型がありますが、ここでは終身型のケースについて考えてみたいと思います。
保障が一生涯続くのが、終身型のがん保険ですが、保険料の払込み期間をどうするかで、毎月の保険料などに違いが出てきます。
終身型保険の払込み期間には、保障が続く限り、一生支払い続けるのが終身払いで、一生涯保障は続くものの、60歳や65歳などで払込みが終わる短期払いがあります。
終身払いと短期払いのそれぞれのメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

終身払いのメリットとデメリット

終身払いのメリットは、短期払いと比較して毎月の保険料が安いことです。
終身型のがん保険にしたいけど、短期払いでは毎月の負担が大きいことがネックな方も多いのではないでしょうか。
終身型のがん保険でも終身払いにすれば、毎月の家計の負担が比較的軽くなります。

また、掛け捨てであることが多いがん保険ですが、毎月の負担が軽いということで、がん保険の見直しもしやすくなるというメリットもあるでしょう。
終身払いのデメリットは、やはり定年退職した後でもずっと保険料を支払わないといけないことです。

短期払いのメリットとデメリット

短期払いのメリットは、自分が元気に働いてバリバリ稼ぐことができる定年までに、保険料の支払いを終わらせることができる事です。
老後まで保険料の支払いが残らないことが、短期払いの大きなメリットです。
デメリットは、やはり短期間のあいだに保険料の払込みをするので、毎月の保険料の負担が大きくなることです。

この短期払いを選んだ場合、保険料の総支払い金額が契約時に分かることが特徴としてあります。
終身払いを選んだ時と比較して、この短期払いでは長生きした場合には、総保険料は安くなるものの、短命だった場合には、終身払いとくらべて保険料の総支払い金額が高くなります。
短期払いの場合、総支払い金額が契約時に決定されているということで、将来設計も立てやすいですが、毎月の保険料が高いですから、保険の見直しなどができにくい、フットワークの悪さもデメリットになるでしょう。