独身の人のがん保険の選び方・注意について | がん保険の超初心者ガイド










独身の人のがん保険の選び方・注意について

がん保険の選び方は独身と既婚でだいぶ変わってくるのですが、独身の方はどのようなことに重点を置いて選べばいいのでしょうか。
独身でがん保険に入ろうと考えている方のがん保険の選び方と注意点について見てみましょう。

独身の方のがん保険

独身であれば、がん保険は自分のためにかけるべきですから、死亡保障よりも入院、通院保障に重点を起きましょう。
がんはまだ日本人の死因トップ3に君臨している病気ですから、死亡保障を考える方もいるのですが、独身の場合自分が死んだときにお金に困る配偶者や子供がいるわけではありません。

  • そう考えると収入保障も優先度は低く、あなたがもしがんで入院、通院したときに負担となる入院費や通院費、また仕事が滞りになることを考えたときに必要と思われるがん診断一時金を考えてみてください。

  • がん保険を選ぶときの注意

    独身の方ががん保険に加入するときに注意したいことは、将来的に結婚する予定があるのかどうか、と言うことです。
    もし今は独身でも婚約中だという場合は当然婚約者のことと将来を考えて死亡保障や収入保障もプラスするべきです。

    しかし今すでに年齢も相当重ねており、今後生涯にわたり結婚する可能性は低い、と言う場合は入院、通院に重点を置くといいでしょう。

    またがん保険には特約をつけることができますし、途中で保障内容を変えることもできます。
    ですから今後結婚したとき、死亡保障をプラスしたり、子供が生まれたら定期特約をつけたりとライフプランの変化に応じて保険会社に保障内容の変更を相談してみるといいでしょう。

    もう一つ注意点を挙げるとするなら、がん保険に加入したことを親族に伝えることです。
    親族と言うのは別居の両親、もしいない場合は兄弟など身近で頼ることができる親族です。
    伝えておけば自分に万が一のことが合ったときに対応してもらうことができますので、ポイントとして押さえて置きましょう。

    • がん保険の選び方はこのように、独身と既婚者で変わりますので、独身の方は独身が必要とする保障を中心に検討するようにしましょう。