がん保険に関するソーシャルワーカーの関わり・活用について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険に関するソーシャルワーカーの関わり・活用について

ソーシャルワーカーとは生活においてなんらかの問題を抱えていたり、困っている人の相談に乗ったり、サポートをする人のことを言います。
中でも医療分野で活躍するソーシャルワーカーを医療ソーシャルワーカーと呼び、各医療施設などで患者のケアを担当しています。

がんとソーシャルワーカー

がんは転移や再発のことも考えるととても負担の大きい病気で、末期がんともなれば効果的な治療法もなく患者にとっては肉体的な面だけでなく精神的な面でも多大なダメージがあるものです。
将来に希望を持てず、今後どうすればいいのかわからなくなってしまう患者も少なくありません。

こんな時に精神面でのサポートをしてくれるのがソーシャルワーカーです。

  • ソーシャルワーカーは医師ではありませんので具体的な医療行為はできませんが、患者の話を聞き、的確なアドバイスをしてくれ良き相談相手となってくれます。

  • がん治療における情報提供などもしてくれますので非常に頼りになる存在で、その需要は年々高まっています。
    現在ではソーシャルワーカーを在籍させている病院も多く、希望すれば誰でも利用可能です。

    ソーシャルワーカーを活用するに

    • ソーシャルワーカーに話を聞いてもらいたい、相談したいといった時は病院でお願いする方法もありますが、がん保険の中にはサービスとしてソーシャルワーカーを紹介してくれるものもあります。

    • がん保険を通してソーシャルワーカーを利用するのも1つの方法です。
      病院でも紹介してもらえますから優先順位としては高くはありませんが、保障内容や保険料を確認し、さらにソーシャルワーカーサービスがあるならそれも考慮に入れるのがいいでしょう。

      がんに限らず病気になると人はどうしても不安を覚えてしまいます。
      病は気からという言葉もあるように精神的なストレスが病状を悪化させる可能性もありますのでソーシャルワーカーに話を聞いてもらって不安を解消させる、わからないことを解決することはとても重要です。