保険のソルベンシー・マージンって一体何? | がん保険の超初心者ガイド










保険のソルベンシー・マージンって一体何?

保険会社の状態を判断する指標の1つにソルベンシー・マージンと呼ばれるものがあります。
日常生活で聞く機会は少ないため言葉の意味がわからない方も多いと思いますが、保険選びの参考にもなりますので理解しておきましょう。

ソルベンシー・マージンの意味

ソルベンシー・マージンとは日本語でいうと支払余力という意味になり、保険会社の財政的な能力を表しています。
保険会社は保険金の支払いのために常に一定のお金を確保しており、いつ保険金の支払いが発生しても対応できるように備えています。

この保険金の支払いのことを通常予想できるリスクとして考えているのですが、時には予想を超えたリスクが生じるかこともあります。
たとえば株が大暴落して経営が厳しい状況になった場合などです。
こうした予想外のリスクに対応するために用意しているお金の量をソルベンシー・マージンとして扱うわけです。

  • 簡単に言うとどれだけ健全な運営をしているかを判断するためのものと言えます。

  • ソルベンシー・マージンは通常200%を超えるように維持されますが、もし200%を下回ると行政から運営の健全化を指示されます。

    保険選びにおけるソルベンシー・マージン

    ソルベンシー・マージンが多いほど健全な運営をしていると言えますので、万が一の事態にも安心できると考えることができます。
    その意味では保険選びでソルベンシー・マージンが多い保険会社を選ぶという選択肢も出てくるでしょう。

    • ただし、ソルベンシー・マージンはあくまでも参考程度の情報であり、ソルベンシー・マージンだけで保険会社を選ぶというのはあまりおすすめできません。

    • たしかに不測の事態が起きて保険会社の運営が厳しくなると悪影響も考えられますが、それよりもまずは保障内容や保険料で決めるのが大切でしょう。
      とはいえ保障内容などがほぼ同じ場合にソルベンシー・マージンを比較するのは良い方法だと言えます。
      やはり信頼できる会社と契約した方が安心ですから余裕があればチェックしてみるのもいいでしょう。