がん先進医療特約っていったい何? | がん保険の超初心者ガイド










がん先進医療特約っていったい何?

がん保険は、最近テレビなどでも良く宣伝をしている保険の1つです。
その中で目にするのが先進医療という言葉です。
多くの場合は特約として契約をすることになるのですが、ここでは先進医療特約について考えてみましょう。

そもそも先進医療ってなに?

先進医療とはなにかと言うと、厚生労働省が認めた医療行為の中で、保険治療のレベルを超えている医療技術のことを指しています。
この先進医療は健康保険の適用外となっているので、治療費は全額自腹で負担しなくてはいけません。
ただし、先進医療にかかる費用以外の部分に関しては一般の保険診療を受けることができます。
医療技術というのも日々進歩しているものなので、そのうちに一般的な保険治療の対象になるかもしれませんが、現時点では先進的な医療技術を使ったものだと考えてください。

  • この先進医療特約は、先進医療を受けてがん治療をした時に給付金を受け取ることができるという保障になっています。

  • 先程も書きましたが、先進医療は保険の対象外なのでどうしても治療費が多くかかってしまうのがネックです。
    その分、従来の治療方法よりも効果が出ることを期待できるのですが、治療費の面からすればやはり大きく異なってしまいます。

    • 場合によっては数万円程度の治療もあるのですが、反対に数百万もかかるケースもあるので、できれば先進医療特約に加入しておいた方が良いかもしれません。

    • 先進医療特約ってどうなの?

      基本的に先進医療特約の内容は上でも触れた通りに、がん治療にかかわる先進医療のみが対象となっています。
      ちなみに、がん以外の治療で先進医療を受けたいのなら、医療保険の方で特約をつける必要があるので覚えておきましょう。
      一般的に先進医療特約というのはつけても保険料がそこまで高くなりません。
      多くても数百円程度だとされていますが、この額で保険が成立することを考えれば、なかなか給付金は受け取れないのでしょう。

      • そもそも先進医療を使ってがん治療をするという人が少ないことも影響していると考えてください。