女性特有のがん特約や放射線治療特約は付けた方がよいでしょうか? | がん保険の超初心者ガイド










女性特有のがん特約や放射線治療特約は付けた方がよいでしょうか?

女性特有のがん特約や放射線治療特約は必要でしょうか?

付けた方がよい 20%

  • 女性は付けておいた方がよい

がん治療を受けた患者のうち、放射線治療をしたのはおよそ30%と言うデータがあります。

しかし、女性がかかる確率が1番の乳がんでの治療の場合だけを言えば、乳房を温存する治療においては放射線治療もかならず併せて行う場合がほとんどになります。

ですから、女性は付けておいた方がよいのではないかと考えます。女性特有のがんに対する特約は、保険料との兼ね合いによります。費用対効果が高いようであれば、付けてもよいのではないでしょうか。

ただし、保険によって女性特有の病気の範囲が異なることがありますので、確認した方がよいでしょう。

  • 経済的に余裕があれば付ける。

特にがんに掛かることを心配している方は付けてもよいと思います。
しかしその支出によって、経済的に負担が大きくなるのであれば、そこまでして付ける必要はないでしょう。

付けなくてよい 80%

  • 必ず使うとは言えないので付けない。

基本的にそれぞれの特約は、決まった条件をクリアしないと支給されないものがほとんどです。

がんの治療は、患者によってどのような治療法が選択されるかは全く違ってくるので、襲う言った意味で、診断一時金や入院、通院給付金などの基本的な保障を厚く設定した方が良いと思います。

女性特有のがん特約については、自分がリスクが高いなどの不安があるような方は付けることを考えてもよいと思います。

  • 女性で乳房再建術などに備えたいのであれば。

たいていのケースであれば診断一時金の設定を高めにしておくことで対応できると思います。

ただ、女性で乳がんにかかった時に乳房再建術を受けることもあり得ると考える方は、女性特有のがん特約は入っていると助かるかもしれません。

結論

その他の特約と同じ考え方で、診断一時金がしっかり保障されるのであれば不要との意見が多かったです。

女性特有のがん特約については、乳房再建術のように医療行為ではない部分にも保障されるので検討してもよいのではないでしょうか。