がん保険責任開始日と契約日について | がん保険の超初心者ガイド










がん保険責任開始日と契約日について

保険と言うと、契約をした日から保障を受けられるものだと考えている人も少なくありません。
しかし、実際には契約をした日から保障を受けられる保険というのは、かなり少ないと言って良いでしょう。
ここでは契約日とがん保険責任開始日について考えていきます。

がん保険責任開始日っていったいなに?

基本的にがん保険にかぎらず、保険には責任開始日というものがあります。
これはこの日から責任を負いますよという意味です。
つまり、言い換えるのなら保険の保障が開始される日だと考えてください。
反対のことを言えば、この責任開始日より前であれば、仮に保険の支払事由に該当するようなことが起こっても、保障はなされません。
この保障がされない期間のことを免責期間というように言います。
がん保険の場合ですと、契約をしてもすぐに保障は始まりません。

  • 一般的に通常の保険であれば責任開始日となる日から、さらに90日という待ち時間があります。この期間を過ぎなければ、保障が開始されないのです。

  • 何故、このような免責期間が設けられているのかと言うと、がんという病気が自覚症状に乏しいものだからです。
    特に初期症状であれば、自覚症状がないというケースも多く、健康告知をした段階では、自分ではわかなかったけれど、実際にはがんを発病していたというケースも考えられるのです。
    この場合でも保障の対象にしてしまうと、加入者ないで不公平が生まれてしまいますので、90日の待機期間というのが設定されています。

    契約日特例ってなに?

    では、保険における契約日とは飾りのようなものかと思う人もいるかもしれません。
    そこで1つ、契約日が重要になる例を紹介してみます。
    そもそも責任開始日というもので考えてしまうと、誕生日を迎えてしまうケースがあります。

    • がん保険では契約を結んだ時の年齢が保険料にも大きな影響を与えてしまいますので、そうした時に利用するのが契約日特例という制度です。

    • 契約日特例とは契約者から申し出をして、保険会社がそれに了承をした場合に限って、責任開始日を契約日とする制度のことになります。
      この制度を利用することで無駄に保険料がアップするのを防ぐことができるでしょう。