契約時は健康でしたが、その後健康状態が悪くなった場合、次回の契約更新はできますか? | がん保険の超初心者ガイド










契約時は健康でしたが、その後健康状態が悪くなった場合、次回の契約更新はできますか?

がん保険にはいくつかの種類があって、契約更新が必要な定期型の保険や一生涯保障が続く終身型の保険があります。
がん保険に加入するときには、過去の病歴や現在の健康状態を告知する義務があります。
これらを保険会社に診査されて、加入できるかどうかが判断されます。

では、契約更新が必要となる定期型の保険では、契約時は健康だったものの、その後に健康状態が悪くなった場合には、どうなるのでしょうか。
次回の契約更新はできるのでしょうか。

がん保険の種類と契約更新について

がん保険には、定期型と終身型があります。
終身型が一生涯を保障してくれる保険なのに対して、定期型は一定期間の満期までが保障期間となります。
10年定期の場合が多く、この満期ごとに自動更新となっています。

自動更新というのは、契約者からの申し出がない限りは、保険期間が終了するたびに自動で更新されるということですから、更新時にどのような健康状態であったとしても契約更新ができるということです。

保険契約時に健康だったけど、その後に健康状態が悪くなったとしても次回の契約更新は問題なくできるということです。

更新のたびに告知や手続きは必要ありません。

定期型の保険は、終身型と比べて保険料が安いことや、保険の見直しができるということで、人気があります。
ただ、更新するたびに保険料が高くなるというデメリットもあります。
一方の終身型の保険は、加入時の保険料が高めですが、一生涯を保障してくれるため安心です。
保険料の払込み満了が60歳であれば、保険料の支払いはそれ以降は不要で、保険は一生涯続きます。
老後のための保険としても加入しておくと安心の保険になります。

どのがん保険を選べば良いの?

では、がん保険はどのようにして選べば良いのでしょうか。
がんの場合、一概には言えませんが、高齢になるほどリスクも上がります。
しかし、本当にがん保険が必要になるのは、60歳以上の高齢者ではないことも見逃してはいけません。
万が一、がんになった場合に、周囲に与える影響や負担のことを考えれば、バリバリと仕事をしている若い時の方が、がん保険の必要性はより高いでしょう。

  • 定期型の保険は更新されるたびに保険料が高くなりますが、30代40代くらいの若いころであれば、それほど大きな負担にもなりません。

  • 子育て中のがんに備えるためだけであれば、やはり保険料の安い定期型がおすすめです。

    • 終身型に加入する際にも、当然若い頃に加入した方が、保険料も安いです。

    • 終身型に加入しようという方も、若い頃に加入すればするほど、保険料がお得になりますし、大きな病気もまだしていないことが多いですから、加入もスムーズでしょう。