がん保険の加入条件は? | がん保険の超初心者ガイド










がん保険の加入条件は?

がん保険に加入する際には、加入条件を満たす必要があります。
他の保険と同じように、がん保険でも過去の病歴や今の健康状態などを告知する必要があります。
その内容次第では、加入を断られたり、あるいは保障の内容に条件が付けられることもあります。

または、通常の保険料よりも割高になるケースもあります。
では、がん保険の加入条件とは具体的にどんなものなのでしょうか。

がん保険の加入条件は?

がん保険に加入する際にも、健康面などの質問に答える告知書というものがあります。
これをクリアすることが、がん保険の加入条件となります。
がん保険でも他の医療保険などでも、加入者同士が助けあうシステムになっています。
保険金や給付金の支払いが、加入者に公平になるようにするためには、契約前の健康上のリスクもチェックして、公平さを保つことが必要となります。

告知書は、がん保険の加入条件を満たしているかどうかを判断するもので、内容次第では保険会社から、加入を断られることもあります。

  • がん保険の告知内容は、がん保険の会社によってもさまざまですが、がんの既往症や、現在とさらに最近3ヶ月以内と過去5年以内の入院や病歴などの告知が必要になります。

  • これまでにがんになったことがあるかどうか、最近3ヶ月以内に入院や手術を薦められたかどうかなどを告知します。
    入院や手術には、帝王切開や内視鏡の手術、レーザー手術なども含まれています。
    他にも妊娠の有無や視力などの告知が必要な保険会社もあります。
    がん保険の加入時に必要となる告知書は、保険会社が用意する告知書の質問に、はい、いいえ、と回答するものです。

    入院歴、病歴のある方は、いつだったかを正確に告知することが大切です。

    • また告知の時点で、故意にウソを付いたり、隠すことは絶対にやってはいけません。

    • 告知義務違反があとで見つかれば、がんと診断されても、保険金が支払われないこともあります。

      がん保険の告知はどこまで必要?

      がん保険の告知はどこまで必要になるのでしょうか。
      保険会社は、医師の診断や治療を基準として、加入できるかどうかを判断します。
      ですから、健康増進のための市販のサプリメントなどの服用や、医師の処方ではない、市販のかぜ薬などの告知は必要ないでしょう。

      また、接骨院などのマッサージや、医師の診察を受けないで完治した風邪や水虫、虫歯なども告知はいりません。
      ただ、歯周病のための治療やインプラント治療を受けている場合には、告知対象になってくるでしょう。

      • 告知の際に、治療かどうかが自分では判断出来ないなど、不明な点があれば、後からのトラブルを避けるためにも、担当医師や、保険の担当者に聞いてみるようにしましょう。